レモンの秘密 - レモンと PICO が暮らす日々 -

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

Recipe BLOG


Rakuten motion widget

Archives

LINKS

BLOG FRIEND

Others

Mobile

qrcode

揚げない!可愛い♪簡単!「コンソメポテト」

運よく、じゃがいもを1個10円でGET!じゃがいも料理はいろいろあるけど、さて何を作りましょう。いろいろ考えて、久し振りにはポテトパフを作りたいなぁと思いました。

が!卵を使って手がねちょねちょになって、しかも揚げもの、ということでちょっと気おくれしてしまい、結局揚げないポテトパフみたいなものを作ることにしました!

揚げない!可愛い♪簡単!「コンソメポテト」



コンソメ味にしあげたものの、これを「ポテトパフ」と呼んでいいのかもわからなかったので、「コンソメポテト」と名付けました♪

「コンソメポテト」の作り方
「コンソメポテト」の材料
材料(2人分)
  • じゃがいも 2個
  • 小麦粉 大さじ2
  • 顆粒コンソメ 小さじ1
  • レモンの皮(みじん切り)少々
じゃがいもは皮をむいて適当な大きさに切ってゆでる。マッシャーなどで丁寧につぶし、小麦粉、コンソメ、レモンの皮を加えて混ぜあわせる。

じゃがいもは皮をむいて適当な大きさに切ってゆでる。

マッシャーなどで丁寧につぶし、小麦粉、コンソメ、レモンの皮を加えて混ぜあわせる。
適当な大きさに丸めて、油を熱したフライパンで転がしながら焼く。

適当な大きさに丸めて、油を熱したフライパンで転がしながら焼く。

これでも十分、外はサクサク、中はふわふわ。しかもコンソメ味なので食べだしたらもうとまりません!倍量作ってもよかったかなぁと思うぐらいです♪

毎日のおかずにもお弁当にも、もちろんおつまみにもよく合います。ケチャップはお好みでどうぞ!

初のレシピ本 発売中です ☆*:.。.

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

チーズ風味♪「ピーマンのさつまいもマッシュ詰め」

ピーマンとさつまいも・・・コレが今日の食材です。お買いものに行く元気もなくて、使えそうなこの2つの食材で一品作りましたよ。

さつまいもはマッシュしか頭に浮かばないので、だったらピーマンに詰めちゃえ〜!ってことで、不思議なお料理を作っちゃいました。

せめてもの思いで、チーズのおいしさをプラスした「ピーマンのさつまいもマッシュ詰め」です♪ どうでしょう。

ピーマンのさつまいもマッシュ詰め



肉詰めでもなく卵でもなく、なぜかさつまいも。これもありかな。

見た目だけはよくしようと思って、立てるべき旗を立てずに寝かせてみたり(笑)お料理は質素でも雰囲気だけはマシになったかな。

「ピーマンのさつまいもマッシュ詰め」の作り方
「さつまいもマッシュのピーマン詰め」の材料
材料(2〜3人分)
  • ピーマン 3〜4個
  • さつまいも 小1本
  • ★牛乳 大さじ2
  • ★粉チーズ 大さじ1
  • ★レモン果汁 小さじ1
  • ★塩・こしょう 適量
  • 小麦粉 適量
さつまいもは皮をむいて適当な大きさに切り、やわらかくなるまで煮る。お湯をゆでこぼして、★の材料を加えて弱火にかけながらマッシュする。

さつまいもは皮をむいて適当な大きさに切り、やわらかくなるまで煮る。

お湯をゆでこぼして、★の材料を加えて弱火にかけながらマッシュする。
ピーマンは厚めの輪切りにして、,魑佑瓩襦

ピーマンは厚めの輪切りにして、,魑佑瓩襦
小麦粉を薄くまぶして、フライパンで両面に焼き色がつく程度に焼く。

小麦粉を薄くまぶして、フライパンで両面に焼き色がつく程度に焼いたら出来あがり♪


塩・こしょうをきかせて、なかなかおいしい一品になりました♪
ピーマンの内側にも片栗粉とかまぶしておいた方がよかったかな。

実際のところお家で食べるのに旗はいらないけど、毎日のお弁当やピクニックだったら、旗ってそれだけで楽しそうになりますよね。

ちなみにこの旗ピックは、ただのつまようじにマスキングテープを貼るだけで簡単にできちゃいます。これなら使い捨てもOK。

ないものは作ればいい!という精神で日々頑張ってま〜す(笑)

初のレシピ本 発売中です ☆*:.。.

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

小さなごちそう「たらことポテトのミルフィーユ仕立て」

もし家にたらことじゃがいもがあったら、ササッと作れて間違いなくおいしい「たらことポテトのミルフィーユ焼き」を作ります!

じゃがいもを薄くスライスしてミルフィーユ風に重ねるんです。そして、ちょっぴりヨーグルトを使ってやさしい味に仕上げました。

気取らず気張らず、鼻歌交じりで作れるようなレシピだけど、私にはごちそうレシピなんですよね♪家族にも大人気です!

たらことポテトのミルフィーユ焼き



私は辛いものが苦手だから辛子明太子は使わないけど、お好みで辛子明太子で作ってもおいしいと思います。おつまみにもGOOD!

ただこの写真、ミルフィーユ的なところもたらこも何にもわかりませんね。お手製アシスタントで切り口見せた方がよかったかな(笑)

家族曰く「おっ!今日は大きなホタテだな。」ですって(爆)

「たらことポテトのミルフィーユ焼き」の作り方
「たらことポテトのミルフィーユ焼き」の材料
材料(2〜3人分)
  • たらこ 1腹
  • じゃがいも 2個
  • ヨーグルト 大さじ1
  • レモン果汁 小さじ1
  • 溶けるチーズ 適量
  • バター 適量
  • 塩・こしょう 適量
じゃがいもは皮をむいて薄くスライスして水にさらす。耐熱皿などに入れてレンジで火が通るまで加熱する。

じゃがいもは皮をむいて薄くスライスして水にさらす。

耐熱皿などに入れてレンジで火が通るまで加熱する。
たらこの中身を取り出して、ヨーグルトとレモン果汁を加えて混ぜ合わせる。

たらこの中身を取り出して、ヨーグルトとレモン果汁を加えて混ぜ合わせる。
ココットに薄くバターを塗り、じゃがいもを半分の高さまで入れ、たらこを適量のせて広げる。

ココットに薄くバターを塗り、じゃがいもを半分の高さまで入れ、たらこを適量のせて広げる。
さらにじゃがいもを重ね、たらことチーズをのせてオーブンで焼き色をつける。

さらにじゃがいもを重ね、たらことチーズをのせてオーブンで焼き色をつけたら出来あがり♪


ヨーグルトをプラスすると味がまろやかになるし、レモン果汁はチーズのこってり感をやさしくしてくれます。

あとはお好みでパセリやバジルを散らしてもいいですね!

たらことじゃがいも、チーズは、絶対おいしい組み合わせだから何度作ってもおいしいものはおいしいです♪

日々当たり前のようにごはんを食べてるけど、ごはんをおいしく食べられる幸せ、この感覚を忘れたくないなぁってしみじみ思いました。

Rakuten Shop 。・:*:・

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

ほっこり癒し系♪「栗とさつまいものポタージュ」

スーパーへ行くと高確率で買って帰るさつまいもと、食べだしたら止まらない栗。このおいしい2つの食材を組み合わせてみることに。

どちらも似たような雰囲気なので、料理でもお菓子でもおいしく変身できそうですよね。もしかしたら最強タッグかも!

今回は、作ってみたらおいしいだろうなぁと思って、まだ試したことがなかった「栗とさつまいものポタージュ」を作ってみました。

栗とさつまいものポタージュ



栗はむいたりするのが面倒なので、むき栗を使っちゃいました(笑)

しかも今回に限っては、栗ごはん用のもの。本当は普通の栗を使った方が風味がいいと思いますけどね。いずれにしても甘くないもので。

「栗とさつまいものポタージュ」の作り方
「栗とさつまいものポタージュ」の材料
材料(4人分)
  • むき栗 100g
  • さつまいも 100g
  • 水 300cc
  • 顆粒コンソメ 小さじ2
  • バター 10g
  • 牛乳 200cc〜
  • 塩・こしょう 適量
  • レモン果汁 少々
栗は半分に切る。さつまいもは皮をむいて、1cm幅程度の半月切りにする。鍋に栗とさつまいも、水、コンソメ、バターを入れて、やわらかくなるまで煮る。

栗は半分に切る。さつまいもは皮をむいて、1cm幅程度の半月切りにする。

鍋に栗とさつまいも、水、コンソメ、バターを入れて、やわらかくなるまで煮る。
ミキサーにかけて、ピューレ状にする。

ミキサーにかけて、ピューレ状にする。
鍋に戻して牛乳を加え、弱火でかき混ぜながらとろみを調節する。塩・こしょうで味をととのえ、レモン果汁を加えてサッと混ぜたら出来上がり♪

牛乳の量で、お好みのとろみに調節してください。

鍋に戻して牛乳を加え、弱火でかき混ぜながらとろみを調節する。

塩・こしょうで味をととのえ、レモン果汁を加えてサッと混ぜたら出来上がり♪


今まで、いろんな野菜でポタージュやスープを作ってきたけど、この栗とさつまいものポタージュは、はっきり言って激うまです!

さつまいもの甘みや栗の風味、何もかもがうまくひとつにまとまって、私史上一番と言っても過言はないくらいおいしくできました♪

ごはんのときだけじゃなくて、ティータイムに飲んでも、ほっこり癒されそうな感じ。ちょっと大げさ気味の本気モードです(笑)

栗がおいしいこの季節に、ぜひぜひ一度作ってみてくださいね♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

たらこマヨで「里芋の素揚げ」

今が旬の里芋。野菜コーナーにたくさんあるのに、あえて冷凍の里芋を購入。こっちの方が楽できるから、いつも冷凍です(笑)

今日は里芋で温かいスープでも作ろうと思ったけど、気温も高かったせいか、何だかスープの気分じゃなくなりまして。

で、何か新しい里芋料理を作ろうと思ったけど、なかなか思い浮かばず、結局よく作る「里芋の素揚げ」にしちゃいました♪

たらこマヨで「里芋の素揚げ」



素揚げなので、シンプルに塩を振ってもいいけど、私はたらこマヨで食べるのが好き♪ この組み合わせは、我が家では定番なのです。

「里芋の素揚げ」の作り方
「里芋の素揚げ」の材料
材料(2人分)
  • 里芋(冷凍)10個
  • 片栗粉 適量
  • ★たらこ
    (中身だけ)1腹分
  • ★マヨネーズ 大さじ1
  • ★レモン果汁 小さじ1
  • あさつき
    (小口切り)適量
里芋はレンジで3分程度加熱して、片栗粉をまぶす。★の材料を混ぜ合わせて、たらこマヨを作る。

里芋はレンジで3分程度加熱して、片栗粉をまぶす。

★の材料を混ぜ合わせて、たらこマヨを作る。
180度の油で、里芋を色よく揚げる。器に盛り、たらこマヨをかけて、あさつきを散らしたら出来上がり♪

180度の油で、里芋を色よく揚げる。

器に盛り、たらこマヨをかけて、あさつきを散らしたら出来上がり♪


片栗粉をまぶして、表面だけカリッとさせるのがポイントです。これがあるのとないのとでは、全然違います!

あとは、あさつきもたっぷり散らした方がおいしいかも!写真では控えめになってるけど、実際は、この5倍ぐらいかけちゃってます。

めずらしく和風な感じの一品ですね。おかずはもちろん、お酒にも合うんじゃないかなぁと思います。ぜひお試しを〜♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

さつまいもとクリームチーズの包み揚げ

餃子の皮が10枚ほど残っていたので、とりあえず何かを包んでみようと思い冷蔵庫を開けてみました。だけど、コレっていうものがない!

・・・と思ったら、別の場所にさつまいもが1本。これはいいかも。

クリームチーズも一緒に使って「さつまいもとクリームチーズの包み揚げ」を作ることにしました。作る前からいい感じ♪

さつまいもとクリームチーズの包み揚げ



ざっくり言うと、さつまいもをマッシュして包むだけ。簡単です!

いつも思うけど、餃子の皮だからと言って、餃子のかたちにしなくてもいいんですよね。お好きなかたちで包んでみてください。

「さつまいもとクリームチーズの包み揚げ」の作り方
「さつまいもとクリームチーズの包み揚げ」の材料
材料(4人分)
  • さつまいも 1/2本
  • 餃子の皮 20枚程度
  • ★クリームチーズ 50g
  • ★バター 10g
  • ★レモン果汁 小さじ1〜
  • ★塩・こしょう 適量
さつまいもは皮をむいて適当な大きさに切り、やわらかくなるまで煮る。お湯をこぼして、★の材料を加えて弱火にかけながらマッシュする。

さつまいもは皮をむいて適当な大きさに切り、やわらかくなるまで煮る。

お湯をこぼして、★の材料を加えて弱火にかけながらマッシュする。
,鴆子の皮で包み、170度の油で色よく揚げたら出来あがり♪

,鴆子の皮で包み、170度の油で色よく揚げたら出来あがり♪

揚げたてに塩を少々振ってもいいです。


作ったのは10個だけど、レシピは20個ぐらい作れるようになってます。もし皮が足りなくなったら、そのまま食べてもおいしいですよ♪

表面はカリッとしてて、中はクリーミーなさつまいも。これはなかなかおいしかったです。特別な材料は使ってないのにね。

案の定、10個じゃ物足りなかったから、今度はこれを作るためだけに餃子の皮を買ってくることにします(笑)


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

イギリスの家庭料理「コテージパイ」

じゃがいもをた〜っくさんもらったので、久し振りに「コテージパイ」を作りました。コテージパイはイギリスの伝統的な家庭料理。

過去には「さつまいものコテージパイ風」のレシピを書いたけど、今回の方が本家風(笑)多分いろんな作り方があるんだと思います。

コテージパイ



「シェパーズパイ」ということもあるけど、現在は一般的にシェパーズパイでは羊肉(マトン、ラム)を使うみたいです(Wiki調べ)。

「コテージパイ」の作り方
「コテージパイ」の材料
材料(2人分)
  • じゃがいも 3個
  • 合いびき肉 150g
  • 玉ねぎ 1/4個
  • にんじん 1/3本
  • ピーマン 1個
  • レモンの皮
    (みじん切り)適量
  • 牛乳 50cc〜
  • バター 10g
  • ケチャップ 大さじ1
  • 塩・こしょう 適量
玉ねぎ・にんじん・ピーマンはみじん切りにする。

まとめてフープロで細かくしました。

玉ねぎ・にんじん・ピーマンはみじん切りにする。
フライパンを熱し、ひき肉・玉ねぎ・にんじん・ピーマンを炒めて、ケチャップ・塩・こしょうでしっかり味をつける。

フライパンを熱し、ひき肉・玉ねぎ・にんじん・ピーマンを炒めて、ケチャップ・塩・こしょうでしっかり味をつける。
じゃがいもは適当な大きさに切ってゆでる。火が通ったらお湯をこぼし、バターと牛乳を加えてなめらかになるまでマッシュする。

時間があったので、よりなめらかにするために裏ごししました。

じゃがいもは適当な大きさに切ってゆでる。

火が通ったらお湯をこぼし、バターと牛乳を加えてなめらかになるまでマッシュする。

塩・こしょうで味つけする。
耐熱皿に△鯢澆つめ、じゃがいもを全体にのせる。ヘラなどで平らにしてからフォークで筋をつける。オーブンで焼き色をつけたら出来あがり♪

耐熱皿に△鯢澆つめ、じゃがいもを全体にのせる。

ヘラなどで平らにしてからフォークで筋をつける。

オーブンで焼き色をつけたら出来あがり♪


食材にはすべて火が通っているから、トースターでも大丈夫です。

でもオーブンで焼くと、じゃがいもの層の表面が少しカリッと香ばしくなって、よりおいしくなったように思います。

じゃがいもとひき肉、そしてケチャップ味。これは大人も子どもも大好きな味かも♪ ちなみに私はコテージパイ大好き派!

結構手軽に作れるし、コテージパイっていう言葉の雰囲気がちょっとしたごちそうに思えるし。・・・って私だけかな。


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

じゃがいもとかぼちゃのソテー☆たらこ入り香草パン粉のせ

私の大好きな、あとのせ香草パン粉のNEWバージョンが出来ました。
(ひとつ前のバージョンは「アジとズッキーニの香草パン粉のせ」)

たらこを加えておいしさMAX!これをかけるだけで料理が劇的においしくなるという、いわゆる間違いないやつです(笑)

今日はそのNEWバージョンで「じゃがいもとかぼちゃのソテー☆たらこ入り香草パン粉のせ」を作りましたよ♪ 名前長っ!

じゃがいもとかぼちゃのソテー☆たらこ入り香草パン粉のせ



ちょっとした遊び心から、型抜きしたり重ねたりしておしゃれな感じになってるけど、これは本来の姿ではないです。

通常は大皿にじゃがいもとかぼちゃをドサッと盛って、パン粉をわさっとのっけるのでこんな風にはなりません。ごめんなさい。

「じゃがいもとかぼちゃのソテー☆
  たらこ入り香草パン粉のせ」の作り方
「じゃがいもとかぼちゃのソテー☆たらこ入り香草パン粉のせ」の材料
材料(4人分)
  • じゃがいも 3個
  • かぼちゃ 1/8個
  • たらこ 1腹
    (中身を取り出す)
  • オリーブオイル
     大さじ1
  • パン粉 大さじ3
  • にんにく
    (みじん切り)1片分
  • ★乾燥パセリ 大さじ1
  • ★粉チーズ 大さじ1
  • ★レモンの皮
    (みじん切り)適量
  • 塩・こしょう 適量
じゃがいもとかぼちゃは食べやすい大きさに切る。レンジであらかじめ加熱して、やわらかくしておく。

この時点ですでに遊び心が・・(笑)

じゃがいもとかぼちゃは食べやすい大きさに切る。

レンジであらかじめ加熱して、やわらかくしておく。
フライパンにバターを熱し、じゃがいもとかぼちゃをソテーする。

型抜きしてないものも、ちゃんとソテーしましたよ。

フライパンにバターを熱し、じゃがいもとかぼちゃをソテーする。

塩・こしょうで軽く味つけする。
同じフライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくとパン粉をサクサクになるまで炒める。たらこと★の材料を加えてサッと混ぜ合わせる。

同じフライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくとパン粉をサクサクになるまで炒める。

たらこと★の材料を加えてサッと混ぜ合わせる。
no image

お皿にソテーしたじゃがいもとかぼちゃを盛って、たらこ入り香草パン粉をかけたら出来上がり♪
じゃがいもとかぼちゃのたらこ入り香草パン粉炒め

こちらは一緒に炒めたバージョン。

すぐ食べるときは、こんな感じでいいです。


ただでさえおいしいサクサク香草パン粉なのに、そこへたらこちゃんが仲間入りしたらおいしくない訳がない!って思うのは私だけ?

いやいや、家族にも大好評だったから本気で間違いないと思います。

じゃがいももかぼちゃも、いつも以上においしく食べられて「うひょ〜!」の連発。どなたかこのおいしさ、わかってくれないかしら♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

おかわりしたくなる♪「さつまいものビシソワーズ風」

冷蔵庫に何もない日が続いています。でも冷蔵庫じゃないところに、私の大好きな食材がありました!さつまいもが1本・・・。

完全に忘れていたのでちょっとうれしかったりして♪ そして作ったものは「さつまいものビシソワーズ風」。あえて「風」です(笑)

最近暑いせいか食欲が激減しているので、よく冷えたこのビシソワーズが私のばんごはんになりました。これだけで大丈夫か、私!

さつまいものビシソワーズ風



もちろん温かいままでもおいしいけど、この時季は冷やした方が食がすすみます。グラスに入れると涼しげ〜♪

作りたての温かいときはサラサラでも、冷やすと結構固まる?ので、水や牛乳を多めに入れた方がいいですよ。

「さつまいものビシソワーズ風」の作り方
「さつまいものビシソワーズ風」の材料

さつまいもは約200gでした。
材料(4人分)
  • さつまいも 1本
  • 玉ねぎ 1/4個
  • 水 300cc〜
  • 牛乳 200cc〜
  • バター 大さじ1
  • 顆粒コンソメ 小さじ2
  • 塩・こしょう 適量
  • レモン果汁 小さじ2
  • 生クリーム 大さじ1
さつまいもと玉ねぎは適当な大きさに切る。鍋にバターを熱して、さつまいもと玉ねぎを炒める。

さつまいもと玉ねぎは適当な大きさに切る。

鍋にバターを熱して、さつまいもと玉ねぎを炒める。

さらに水とコンソメを加えて火が通るまで煮る。
一旦取り出してミキサーにかけてピューレ状にする。

一旦取り出してミキサーにかけてピューレ状にする。
再び鍋に戻してひと煮立ちさせ、牛乳を加えて塩・こしょうで味をととのえる。

再び鍋に戻してひと煮立ちさせ、牛乳を加えて塩・こしょうで味をととのえる。

最後にレモン果汁と生クリームを加えたら出来あがり♪


はぁ・・・なんかいつになくおいしい♪ 食べる気にならないときでも、これなら食べられる!せめてもの栄養補給になりました。

今日の私にはまさにビンゴな味で、できればおかわりしたかったな。

私の食欲・・・暑さのせいだとしたら、エアコンつければ戻るのかな。明日は朝イチでエアコンつけてみよっ(笑)


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

オープンピザ風じゃがいものガレット

ここのところ冷蔵庫が飽和状態で大変です。頂きもののスイカやメロン、びわ、まとめ買いしたレモン3キロなどなど。レモン多すぎっ!

それでもごはんとして使える食材は意外と少なくて、悩んだあげく、やっと一品ひねり出しました。たいしたレシピではないですけど。

簡単なのにおいしい「オープンピザ風じゃがいものガレット」です♪
じゃがいもとベーコンさえあれば作れるお助けレシピになるかも!

オープンピザ風じゃがいものガレット



ピザ風にして大皿でドーンと出したら、それだけで何となくごちそう!しかも簡単でおいしい、いわゆる「間違いない」やつです♪

「オープンピザ風じゃがいものガレット」の作り方
「オープンピザ風じゃがいものガレット」の材料
材料(2人分)
  • じゃがいも 2個
  • ベーコン 2枚
  • 溶けるチーズ 適量
  • ケチャップ 適量
  • パセリ・レモンの皮
     各適量
ベーコンは細切りにする。じゃがいもは千切りにする。水にはさらさないで、油少々を全体になじませる。

ベーコンは細切りにする。

じゃがいもは千切りにして、水にはさらさないで油少々を全体になじませる。
耐熱皿もしくはクッキングシートに、じゃがいもをピザ生地のように丸く広げる。220度のオーブンで約10分焼く。

私はなぜか、底が外せるケーキの型を使いました。

耐熱皿もしくはクッキングシートに、じゃがいもをピザ生地のように丸く広げる。

220度のオーブンで約10分焼く。
一旦取り出してケチャップを塗り、ベーコン・チーズを散らす。再び220度のオーブンで約10分焼く。

後先考えずにやったら、最後にお皿に移すとき熱々で大変な思いを…(爆)

一旦取り出してケチャップを塗り、ベーコン・チーズを散らす。

再び220度のオーブンで約10分焼く。

お好みでパセリ、レモンの皮のみじん切りを散らしたら出来あがり♪


もちろんオーブンじゃなくても作れるし、ケーキの型も使わなくていいです。自分的にきっちり丸くしたかっただけなので(笑)

今回は思いつきで作ったけど「簡単・おいしい」は身近なもので作れるんだと痛感しました。ひらめきが大事なのかな。

食材にこだわらなくても、今あるものでおいしいものができるとうれしいです。ときどきはそんなレシピを考えてみるのも大切ですね。

ごはんを作るのは毎日のことだから、楽をしたいときもあります。
まさに今日がその日でした。暑いしやる気ないし思考回路ゼロ…。

あっ、ゼロじゃ作れないから「1」ぐらいかな(笑)


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ



このページのTOPへ

ページトップへ