レモンの秘密 - レモンと PICO が暮らす日々 -

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

Recipe BLOG


Rakuten motion widget

Archives

LINKS

BLOG FRIEND

Others

Mobile

qrcode

おいしくてごめんなさい!「とろけるチーズの温奴」

今日も簡単でおいしいレシピをひとつ。このレシピは学生のころからよく食べていて、我が家では定番中の定番料理なのです。

温奴なんだけど、ただの温奴じゃなくて、とろけるチーズが絶品!「とろけるチーズの温奴」でございます。

しかもレンジでチンするだけの簡単レシピ。豆腐を食べるならお手軽でおいしくて、一番おすすめかもしれないくらいです!

おいしくてごめんなさい!「とろけるチーズの温奴」



豆腐は木綿でも絹ごしでもOK。個人的には、絹ごしの方が好きかな。
塩・こしょうのところは、レモンペッパーを使っています。

「とろけるチーズの温奴」の作り方
「とろけるチーズの温奴」の材料
材料(2人分)
  • 豆腐 1丁
  • 溶けるチーズ
    (スライス)2枚
  • 大葉 4枚
  • 塩・こしょう 適量
水切りした豆腐を半分に切り、耐熱皿に盛ってチーズをのせる。レンジでチーズがとろけるまで加熱して、塩・こしょうを振り、細切りにした大葉をのせたら出来上がり♪

水切りした豆腐を半分に切り、耐熱皿に盛ってチーズをのせる。

レンジでチーズがとろけるまで加熱して、塩・こしょうを振り、細切りにした大葉をのせたら出来上がり♪


いかがでしょう?見るからに簡単でおいしそうじゃないですか?豆腐は体にもいいし、チーズと組み合わせるとおいしさ倍増なんですよ♪

チーズを二枚重ねにするとさらに絶品!あとはお好みでアレンジしてみてくださいね。

初のレシピ本 発売中です ☆*:.。.

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

熱々をどうぞ♪「ホタテの豆腐グラタン」

今日はめずらしく冷蔵庫に食材がたくさんあります!あれもこれもとキッチン台に並べて、しばらくにらめっこ。さて何を作りましょう。

寒いから熱々のグラタンがいいかも!大好きなホタテをメインに、豆腐もあったので、「ホタテの豆腐グラタン」に決めました。

ホワイトソースの代わりに、豆腐をソースにする簡単グラタンです♪

ホタテの豆腐グラタン



ちなみに今回のホタテは、生食用のベビーホタテを使いましたよ。
本当は大粒のホタテちゃんがよかったんだけど、がまんがまん(笑)

「ホタテの豆腐グラタン」の作り方
「ホタテの豆腐グラタン」の材料
材料(2人分)
  • 豆腐 1/2丁
  • ホタテ(生食用)100g
  • パプリカ
    (赤・黄)各1/2個
  • アスパラガス 2本
  • しめじ 1/2パック
  • レモンの皮
    (みじん切り)適量
  • 塩・こしょう 適量
  • ★マヨネーズ 大さじ1
  • ★塩・こしょう 適量
  • 溶けるスライスチーズ
     2枚
パプリカは細切りに、アスパラは薄めの斜め切りにし、しめじは小房に分ける。

パプリカは細切りに、アスパラは薄めの斜め切りにし、しめじは小房に分ける。
ボウルに水気をきった豆腐を入れて、泡立て器などでつぶしながら、★の材料と一緒に混ぜ合わせる。

ボウルに水気をきった豆腐を入れて、泡立て器などでつぶしながら、★の材料と一緒に混ぜ合わせる。
フライパンに油を熱し、,鰡屬瓩襦だいたい火が通ったらホタテとレモンの皮を加えてサッと炒める、塩・こしょうで味をつける。

フライパンに油を熱し、,鰡屬瓩襦

だいたい火が通ったらホタテとレモンの皮を加えてサッと炒める、塩・こしょうで味をつける。
耐熱皿にを敷きつめ、△肇繊璽困鬚里擦襦トースターで焼き色がつくまで焼いたら出来上がり♪

耐熱皿にを敷きつめ、△肇繊璽困鬚里擦襦

トースターで焼き色がつくまで焼いたら出来上がり♪


野菜やきのこのうまみ、大好きなホタテも満喫。豆腐のソースだからヘルシーだし、何と言ってもおいしくておいしくて、もう幸せ♪

豆腐も基本的に好きなんですけど、こんな風にして食べると、より一層おいしく感じます。ガーリックとか入れてもよかったかな。

考えてみたら、グラタンなんて久し振り。この豆腐のソースなら簡単だから、いろんな食材で試してみてくださいね♪私もまた作ります!


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

カリッカリがたまらない!「油揚げのトマトピザ風」

私が大好きでよく買うのは、薄揚げより少し厚めの油揚げ。これをこんがり焼いて、サクサクっと食べるのがたまらなくおいしいんです。

今日はその油揚げをピザ生地に見立てて、ピザ風なものを作ってみることにしましたよ。使う食材も、いたってシンプル!

チーズは必須で、ピザソースをアボカドディップに変えて、トマトをわさっとのせました。その名も「油揚げのトマトピザ風」。

カリっカリな「油揚げのトマトピザ風」



カリカリ感を重視して、フライパンでじっくり焼きました。なので、チーズに焼き色はつきませんが、薄揚げならトースターでOKです。

「油揚げのトマトピザ風」の作り方
カリっカリな「油揚げのトマトピザ風」の材料
材料(2人分)
  • 油揚げ 2枚
  • アボカド 1個
  • ミニトマト 7〜10個
  • 溶けるスライスチーズ
     3枚(1.5×2)
  • ★おろしにんにく 1cm
  • ★レモン果汁 小さじ1
  • ★塩・こしょう 適量
  • 塩・こしょう 適量
アボカドはフープロなどでペースト状にして、★の材料で味つけする。ミニトマトはスライスする。油揚げはお湯をさっとかけて、半分に切る。

アボカドディップは多分余ります。

アボカドはフープロなどでペースト状にして、★の材料で味つけする。

ミニトマトはスライスする。

油揚げはお湯をさっとかけて、半分に切る。
フライパンに油揚げを並べ入れ、片面をこんがり焼く。裏返して、溶けるスライスチーズ、アボカドディップ、トマトの順にのせ、塩・こしょうを振る。チーズが溶けて、油揚げの下の面がカリカリになるまで焼いたら出来上がり♪

フライパンに油揚げを並べ入れ、片面をこんがり焼く。

裏返して、溶けるスライスチーズ、アボカドディップ、トマトの順にのせ、塩・こしょうを振る。

チーズが溶けて、油揚げの下の面がカリカリになるまで焼いたら出来上がり♪


これならピザ生地が作れなくても問題ないし、油揚げも大豆でできてると思えば、ヘルシーなピザですよね。女子的にもうれしいかも。

アボカドディップも、にんにくと塩・こしょうをきかせているので、単品で食べてもおいしいし、全体的にも大好評な一品になりました♪

油揚げをピザにするだけなので、いろいろと応用ができそうですね。今度作るなら、違う食材で挑戦してみたいと思います!


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

おいしく食べたい!「洋風おから」

お豆腐屋さんでお豆腐を買ったら、おまけにたくさんのおからをもらいました。でも、普通のおからを作るのは気が進まない・・・。

ちょっと違ったおからにしたいと思って「洋風おから」を作ってみることにしました。これ、完全に初挑戦です(笑)

おいしく食べたい!「洋風おから」



加える食材を洋風のものに変えて、コンソメ味にしてみましたよ。

「洋風おから」の作り方
「洋風おから」の材料
材料(4人分)
  • おから 200g
  • ウインナー 6本
  • 玉ねぎ 1/4個
  • にんにく 1片
  • ミックスハーブ 適量
  • 塩・こしょう 適量
  • 顆粒コンソメ 大さじ1
  • 水 300cc
  • レモンの皮
    (みじんぎり)適量
ウインナーは食べやすい大きさに、玉ねぎは粗みじん切り、にんにくはみじん切りにする。フライパンに油とにんにくを熱し、ウインナーと玉ねぎを炒める。ミックスハーブと塩・こしょうで味をととのえる。

ウインナーは食べやすい大きさに、玉ねぎは粗みじん切り、にんにくはみじん切りにする。

フライパンに油とにんにくを熱し、ウインナーと玉ねぎを炒める。

ミックスハーブと塩・こしょうで味をととのえる。
おからと水、コンソメを加えて、水分がなくなるまで炒め煮にする。最後にレモンの皮を加えて、サッと炒めたら出来上がり♪

おからと水、コンソメを加えて、水分がなくなるまで炒め煮にする。

最後にレモンの皮を加えて、サッと炒めたら出来上がり♪


一応できましたけど、おからが劇的においしくなったっていう感じはしないかな。多分、個人的な好みの問題です(笑)

でもせっかく作ったので、覚え書きとして残しておくことにします。


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

コクうまっ♪「ピーナッツだれのねぎ塩豆腐」

こう見えて?結構豆腐が好きでして、かと言ってレパートリーが多いわけではないのですが、豆腐でイカした一品を作ることにしました。

よくある四角い豆腐じゃなくて、スイーツみたいなかたちをした豆腐を買ってきたので、これをそのまま食べるのはもったいなくて…。

そして出来上がったのは「ピーナッツだれのねぎ塩豆腐」。
ごま油が香るねぎ塩豆腐にピーナッツのたれを合わせてみました♪

ピーナッツだれのねぎ塩豆腐



ねっ、スイーツみたいな豆腐でしょ。ピーナッツバターを牛乳でのばしたので、ほとんど白色。豆腐と同化しちゃいましたね。

ピーナッツバターは甘さ控えめのものを使いました。無糖の方が合わせやすいのかな。でも塩で何とかごまかせます(笑)

「ピーナッツだれのねぎ塩豆腐」の作り方
「ピーナッツだれのねぎ塩豆腐」の材料
材料(2人分)
  • 豆腐 2人分
  • 豚ひき肉 60g
  • ねぎ
    (みじん切り)1本分
  • 塩 適量
  • レモン果汁 小さじ1
  • レモンの皮 小さじ1
  • ごま油 大さじ1
  • ★ピーナッツバター
    (甘さ控えめ)大さじ1
  • ★牛乳 大さじ2
  • ★塩 少々
ピーナッツだれを作る。

★の材料を混ぜ合わせてピーナッツだれを作る。

混ざりにくいときはレンジで加熱するといいです。
フライパンにごま油を熱し、ひき肉・ねぎを炒めて塩で味つけする。レモン果汁とレモンの皮を加えてサッと炒めたら火を止める。

フライパンにごま油を熱し、ひき肉・ねぎを炒めて塩で味つけする。

レモン果汁とレモンの皮を加えてサッと炒めたら火を止める。

器にピーナッツだれを先に入れて豆腐を盛る。

その上に△鬚任るだけたくさんのせたら出来上がり♪


ねぎ塩豆腐と言っても、豚のひき肉も大事なんです。これでお肉のうま味も出るし、結構食べ応えのある一品になります。

そして最後まで悩んだのは、ねぎ塩の部分を温かいままのせるか冷やして食べるか…。これはもう皆さんにお任せいたします!

ちなみに今回は粗熱をとってからのせました。冷やすとお肉のジューシーさがなくなっちゃうし、でも冷奴的な感じで食べたかったから。

自分で言うのも何ですが、これはかなりイカした一品になりました!

思った通りピーナッツだれのコクが豆腐によく合ってて、まさに「コクうまっ!」。ちょっとクセになりそうな予感です♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

創作料理☆「豆腐と枝豆とツナのテリーヌ風」

今日はアレンジ冷奴を作ってみようとアレコレ考えてたら、最終的に自分でもどう表現していいかわからない料理ができちゃいました。

そもそも、これは食べものなのか!っていう感じもするけど、出来上がったものをじ〜っと見ていたら、テリーヌに見えてきました。

という訳で、本日のレシピ名は「豆腐と枝豆とツナのテリーヌ風」♪豆腐と塩味の枝豆、ツナマヨのおいしい組み合わせなのでご安心を!

豆腐と枝豆とツナのテリーヌ風



これって完全に創作料理ですよね。もしかしてその域を超えてる?

でも何だかんだ可愛いと思ってしまうのは気のせいかしら。
ちなみに、上にのっているのは1個だけ冷蔵庫にあったびわです。

「豆腐と枝豆とツナのテリーヌ風」の作り方
「豆腐と枝豆とツナのテリーヌ風」の材料

枝豆は薄皮もちょこっと生えてる芽みたいなものも取り除きました。
材料(2人分)
  • 豆腐 1丁
  • 冷凍枝豆
    (中身だけ)100g 
  • ツナ缶 1個
  • レモンの皮
    (すりおろし)適量
  • マヨネーズ 大さじ1
  • 塩・こしょう 適量
  • びわなど(あれば)
ツナは油をきってマヨネーズと合わせる。枝豆はフードプロセッサーなどでペースト状にして、レモンの皮と塩・こしょうで味をととのえる。

枝豆のペーストが固いようだったら、マヨネーズやレモン果汁で柔らかくしてください。

ツナは油をきってマヨネーズと合わせる。

枝豆はフードプロセッサーなどでペースト状にして、レモンの皮と塩・こしょうで味をととのえる。
no image

水気をきった豆腐に枝豆のペーストを平らにのせ、その上にツナマヨをのせる。

お好みで、びわなどを飾ったら出来上がり♪


こんな風に作ったけど、普通に豆腐の上にザックリのせて、アレンジ冷奴として作っていただいてもいいです。その方が簡単なので(笑)

それにしてもどうしてこんな風になっちゃったんでしょうね。家族に「ピカソ」にひっかけて「ピコソ」と呼ばれてしまいました(笑)

これから冷奴が恋しくなる季節だから、もう少し冷奴らしいアレンジレシピを考えてみます!誰が見ても冷奴に見えるものを・・・。


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

ほうれん草ソテーのカリカリ油揚げメガ盛!

私が好んで食べるちょっと肉厚?な油揚げが売り切れだったので、いわゆる薄揚げっていうのを買ってきました。こっちの方が安いしね。

薄揚げのレパートリーは少ないけど、唯一思い浮かんだのがカリカリに焼くこと。これはおつまみにもなりそうな雰囲気です。

そしていつもの難関であるレシピ名。とりあえず「ほうれん草ソテーのカリカリ油揚げメガ盛」にしておきました。大体伝わるかしら。

ほうれん草ソテーのカリカリ油揚げメガ盛



実は油揚げをカリカリにしたのは はじめてだったんだけど、簡単にカリカリになるものなんですね。なかなか楽しい作業でしたよ。

完成前にカリカリ度を確かめてみたら、とってもいい感じ♪
どっさり作ったので、ほうれん草は完全に脇役になりました(笑)

「ほうれん草ソテーのカリカリ油揚げメガ盛」の作り方
「油揚げのカリカリサラダ」の材料
材料(4人分)
  • 油揚げ 5枚
  • ほうれん草 1束
  • レモンの皮
    (みじん切り)適量
  • 塩 適量
  • こしょう 適量
油揚げは細く切って、フライパンでカリカリになるまで炒める。塩を振っておく。

油揚げは細く切って、フライパンでカリカリになるまで炒め、塩を振っておく。
ほうれん草は食べやすい大きさに切って、フライパンでソテーする。塩・こしょうで味つけする。

ほうれん草は食べやすい大きさに切って、フライパンでソテーして、レモンの皮と塩・こしょうで味つけする。

お皿にほうれん草をしいて、油揚げを山盛りのせたら出来あがり♪

パセリも少々かけました。


塩とこしょうだけのシンプルな味つけだし、調理も驚くほど簡単!
すっかりカリカリ油揚げのとりこになっちゃいましたよ〜。

これなら油揚げだけでも立派なおつまみになりそうだし、ポテトチップスみたいなスナック菓子系のおやつとしてもイケますよ!

っていうか、私がまさにその例でして、晩ごはんを食べ終わって小腹が空いたときに、油揚げだけカリカリ食べてました!

ほうれん草に限らず、野菜サラダとかスープのクルトン代わりとか、何にでも合わせられそう。また作ってみよっと♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

ごま香る♪「中華風豆腐スープ」

豆腐を買ってきて、結局冷蔵庫の片隅で眠っている…なんてことがたまにあります。好きだから、とりあえず買っちゃうんですよね。

もちろん普段は豆腐の賞味期限が切れる前に使いますが、1〜2日過ぎたときは加熱して使うことにしています。念のため(笑)

そんなときにとっておきのレシピがあるんです!ごまの香りがたまらない「中華風豆腐スープ」。これはかなりの自信作ですよ〜♪

ごま香る♪「中華風豆腐スープ」



正しくは「ごま香る」というか「ごま油香る」なんですけどね。このおいしさはごま油がないと成立しないくらい重要なアイテムです!

ほんとはもっときれいにごま油をかけたかったけど、私がやると、どびゃ〜っと・・・まぁこんな感じです。

「中華風豆腐スープ」の作り方
「中華風豆腐スープ」の材料
材料(2〜4人分)
  • 絹ごし豆腐 1丁
  • 水 1カップ
  • 牛乳 1カップ
  • 鶏ガラスープの素
     大さじ1/2
  • すりおろししょうが
     小さじ1
  • 塩・こしょう 適量
  • レモン果汁 適量
  • 水溶き片栗粉
    (片栗粉大1:水大2)
  • ごま油 適量
  • あおさ(青海苔)適量
鍋に裏ごしした豆腐と水、鶏がらスープの素、しょうがを入れて加熱する。煮立ったら牛乳を入れて、塩・こしょうで味をととのえる。

鍋に裏ごしした豆腐と水、鶏がらスープの素、しょうがを入れて加熱する。

煮立ったら牛乳を入れて、レモン果汁・塩・こしょうで味をととのえる。
煮立ったら火を止めて、水溶き片栗粉を少しずつ加えて混ぜ、弱火で加熱してとろみをつける。

さらに煮立ったら火を止めて、水溶き片栗粉を少しずつ加えて混ぜ、弱火で加熱してとろみをつける。

器に盛って、あおさ・ごま油をかけたら出来あがり♪


豆腐と牛乳なら豆乳でいいじゃん!って思われるかもしれませんね。

それでも一応OKだけど、やっぱりこれはおいしい豆腐で作った方が絶対おいしいです。これからの季節は冷やしてもいいかも。

あと、具を入れてみるのもありです。何がいいかなぁ・・・。
豆腐とか入れてみたらおもしろそうですね。冗談ですけど(笑)


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

激うまっ!「大葉とくるみの冷奴」

最近気温がぐっと上がったせいか、ほかの料理に使う予定だった豆腐を見たら、急に冷奴が食べたくなりました。予定変更です(笑)

冷奴もいろんな食べ方があるけど、ねぎとかつお節にしょうゆはやっぱり定番なのかな。私はしょうゆで食べることはまずないんです。

私が好きな食べ方はザックリ2つあって、そのうちのひとつが今回の「大葉とくるみの冷奴」です♪ これはまさにおいしいやつです!

大葉とくるみの冷奴



もうお試しの方もたくさんいらっしゃるかと思うけど、基本的にはごま油と塩で食べるのが最高!これはホントにハマりました。

はじめはそれだけでもおいしかったけど、そこからいろいろ変化して、現在は大葉とナッツ系をプラスすることが一番多いです。

「大葉とくるみの冷奴」の作り方
材料(2人分)
  • 豆腐 1丁
  • 大葉 10枚
  • くるみ 適量
  • ごま油 大さじ1
  • レモン果汁 小さじ1
  • 塩 適量

豆腐は水切りしておく。大葉とくるみは粗みじん切りにする。


ごま油とレモン果汁、塩を混ぜ合わせ味をととのえる。


器に豆腐(1人半丁)を盛って大葉とくるみをのせ、上から△魏鵑靴けたら出来あがり♪

すっごく簡単だけど、これで冷奴が劇的においしくなります!

大葉もナッツも外せない最高の組み合わせなのです。くるみがなければアーモンドか、ピーナッツでもおいしいはずですよ。

この冷奴も成長はほぼ止まってますが、もしかしたら更なる進化を遂げるかもしれません。そのときはまた紹介しますね♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

創作料理「豆腐のキッシュ風」

昨日の弱気発言から一転、キッシュも作ったことがないのに豆腐キッシュを作ってしまいました。今回は大丈夫なんでしょうか・・・。

本物を知らないので「豆腐のキッシュ風」と言うことで(笑)

豆腐キッシュ



しかも私がイメージしているキッシュともちょっと違っていて、食材たちが「層」になってます。じゃがいもとひき肉、トマトペースト、ほうれん草、豆腐など。

一番上が豆腐の層なので、焼き上がりは真っ白で中身が全く見えません。パイ生地なんてものも存在しません。完全に創作料理の域です!

「豆腐のキッシュ風」の作り方
「豆腐キッシュ」の材料
材料(4人分)
  • じゃがいも 小6個
  • 豚ひき肉 100g
  • ほうれん草 50g
  • トマトペースト
     大さじ2
  • 塩・こしょう 適量
「豆腐キッシュ」の材料
材料(豆腐の層)
  • 豆腐 1丁
  • 卵 2個
  • 生クリーム 50cc
  • 塩 小さじ1/2
  • レモン果汁 小さじ1

豆腐は十分に水切りをして、すべての材料を混ぜ合わせておく。
じゃがいもはゆでてマッシュする。ひき肉は塩・こしょうで炒める。ほうれん草はサッとゆでて水気をきる。

じゃがいもはゆでてマッシュする。
ひき肉は塩・こしょうで炒める。
ほうれん草はサッとゆでて水気をきる。
耐熱皿にじゃがいもとひき肉を混ぜたものを敷きつめ、トマトペーストを全体に塗る。その上にほうれん草をのせる。

じゃがいもとひき肉を混ぜあわせたものを、耐熱皿に敷きつめる。

トマトペーストを全体に塗り、ほうれん草を散らす。
最後に豆腐をのせて、180度のオーブンで約20分焼く。

最後に豆腐をのせて、180度のオーブンで約20分焼いたら出来あがり♪


こんな作り方だけど、コレが思いのほかおいしくてペロリと食べちゃいました♪食材の組み合わせがよかったのかしら(自画自賛)。

だからと言って、みなさまのお口に合うかどうかはわかりません。キッシュ風と言っていいのかもわかりません。やっぱり弱気です(笑)

この上に溶けるチーズなどをのせて焼くと、より一層おいしくなると思います。今回はカロリーオーバーなのでやめておきましたけど。

創作料理と言ってしまえば、どんなものを作ったっていいんですよね。だとしたら私のレシピ、結構創作料理が多いかも。

でも大きなリスクは背負いたくないので、やっぱり弱腰で地味に作っていくことになりそうです。基本的なお勉強もしながら、新しいものも取り入れて。

Rakuten Shop 。・:*:・

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ



このページのTOPへ

ページトップへ