レモンの秘密 - レモンと PICO が暮らす日々 -

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

Recipe BLOG


Rakuten motion widget

Archives

LINKS

BLOG FRIEND

Others

Mobile

qrcode

カリッカリがたまらない!「油揚げのトマトピザ風」

私が大好きでよく買うのは、薄揚げより少し厚めの油揚げ。これをこんがり焼いて、サクサクっと食べるのがたまらなくおいしいんです。

今日はその油揚げをピザ生地に見立てて、ピザ風なものを作ってみることにしましたよ。使う食材も、いたってシンプル!

チーズは必須で、ピザソースをアボカドディップに変えて、トマトをわさっとのせました。その名も「油揚げのトマトピザ風」。

カリっカリな「油揚げのトマトピザ風」



カリカリ感を重視して、フライパンでじっくり焼きました。なので、チーズに焼き色はつきませんが、薄揚げならトースターでOKです。

「油揚げのトマトピザ風」の作り方
カリっカリな「油揚げのトマトピザ風」の材料
材料(2人分)
  • 油揚げ 2枚
  • アボカド 1個
  • ミニトマト 7〜10個
  • 溶けるスライスチーズ
     3枚(1.5×2)
  • ★おろしにんにく 1cm
  • ★レモン果汁 小さじ1
  • ★塩・こしょう 適量
  • 塩・こしょう 適量
アボカドはフープロなどでペースト状にして、★の材料で味つけする。ミニトマトはスライスする。油揚げはお湯をさっとかけて、半分に切る。

アボカドディップは多分余ります。

アボカドはフープロなどでペースト状にして、★の材料で味つけする。

ミニトマトはスライスする。

油揚げはお湯をさっとかけて、半分に切る。
フライパンに油揚げを並べ入れ、片面をこんがり焼く。裏返して、溶けるスライスチーズ、アボカドディップ、トマトの順にのせ、塩・こしょうを振る。チーズが溶けて、油揚げの下の面がカリカリになるまで焼いたら出来上がり♪

フライパンに油揚げを並べ入れ、片面をこんがり焼く。

裏返して、溶けるスライスチーズ、アボカドディップ、トマトの順にのせ、塩・こしょうを振る。

チーズが溶けて、油揚げの下の面がカリカリになるまで焼いたら出来上がり♪


これならピザ生地が作れなくても問題ないし、油揚げも大豆でできてると思えば、ヘルシーなピザですよね。女子的にもうれしいかも。

アボカドディップも、にんにくと塩・こしょうをきかせているので、単品で食べてもおいしいし、全体的にも大好評な一品になりました♪

油揚げをピザにするだけなので、いろいろと応用ができそうですね。今度作るなら、違う食材で挑戦してみたいと思います!


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

コメント
PICOさん

油揚げのトマトピザ風
おいしそうです
素適なレシピ
感謝です
ryuji_s1さん、
コメントありがとうございます♪
油揚げも、立派なピザになるんですね。
ちょっと風変わりだけど、おいしかったですよ(´∪`*)
  • PICO
  • 2013/10/11 6:08 PM
コメントする








   


このページのTOPへ

ページトップへ