レモンの秘密 - レモンと PICO が暮らす日々 -

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

Recipe BLOG


Rakuten motion widget

Archives

LINKS

BLOG FRIEND

Others

Mobile

qrcode

三種の味が楽しめる「里芋三昧」

たまに冷凍の野菜を買うことがあります。とくに里芋は皮をきれいにむいてあるので、楽をしたい私にはありがたいアイテムなのです。

とは言いつつ、実際に里芋を食べる機会はあまりなくて、作ったとしても 筑前煮とか煮っころがしなどの煮物系になっちゃいます。

でも今日はちょっと思考を変えて、里芋に三種類のアレンジをしてみました。名付けて「里芋三昧」。「三」つながりです(笑)

さといも三昧



そしてまた、これを見た家族に「だんご三兄弟」と言われてしまいました。たしかにパッと見はお団子みたいですもんね(笑)

ちなみに赤はたらこ、緑はアボカド、黄色は卵黄で、それぞれにレモンを使っています。和風のような洋風のような・・・。

「里芋三昧」の作り方
no image
材料
  • 里芋(冷凍)9個〜
  • 塩 適量

  • 里芋は塩ゆでする。
たらこマヨレモン

たらこ 1/2腹の中身とマヨネーズ 小さじ1/2を混ぜ合わせる。
トッピングはレモンの皮のみじん切り。
アボカドレモン

アボカド 1/2個とレモン果汁 小さじ1を一緒にペースト状にして、塩・こしょうで味をととのえる。
トッピングはアーモンドダイス。
黄身味噌レモン

卵黄 1個分と白味噌 大さじ1を混ぜ合わせる。
トッピングは青のり。


材料さえあれば、黄色はかぼちゃがベストだったかな。塗るんじゃなくてのせてる感を出したかったので。

でも里芋をこんな風にカラフルにしたら、目でも楽しんで食べられると思います。あとは里芋じゃなくてもいろんな応用ができそう!

団子とか、だんごとか、ダンゴとか・・・(爆)あ〜、だんご三兄弟のせいだ。 団子以外に思い浮かんだ方はぜひ応用してくださいませ。


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

みんな喜ぶ♪「さつまいもとひき肉の塩バター炒め」

さつまいもをふかして、塩とバターで食べるのが大好きな私。今日はそのスペシャルバージョンを作ってみましたよ。

さつまいもに合いそうな食材を選んで、メインのおかずにもなる「さつまいもとひき肉の塩バター炒め」です♪

さつまいもとひき肉の塩バター炒め



さつまいもはきれいに洗って、皮付きのまま調理した方が彩りがきれいです。紫と黄色と大葉の緑。元気がもらえそうな感じですね!

「さつまいもとひき肉の塩バター炒め」の作り方
「さつまいもとひき肉の塩バター炒め」の材料
材料(4人分)
  • さつまいも 500g 前後
  • 豚ひき肉 150g
  • しめじ 1パック
  • 大葉 5枚
  • レモンの皮
    (みじん切り)適量
  • バター 20g〜
  • 塩 適量
  • こしょう 適量
さつまいもは太めの棒状に切り、レンジで加熱してやわらかくしておく。しめじは小房に分け、大葉は細切りにする。

さつまいもは太めの棒状に切り、レンジで加熱してやわらかくしておく。

しめじは小房に分け、大葉は細切りにする。
フライパンでひき肉を炒め、色が変わったらしめじも加えて、塩・こしょうで味つけする。

フライパンでひき肉を炒め、色が変わったらしめじも加えて、塩・こしょうで味つけする。
さつまいもとバター・レモンの皮を加えてサッと炒め、塩で味をととのえる。

さつまいもとバター・レモンの皮を加えてサッと炒め、塩で味をととのえたら出来あがり♪


これは文句なしにおいしいやつです。カロリーを気にしないならバターはたっぷりがおすすめ。今回は少し控えめにしましたけどね。

おいしくてボリュームがあるので、食べ盛りの子どもたちや大人たち?にも絶対よろこんでもらえるはずです。

ちなみに・・・・・。

今日、人間ドックの結果が出ました。要精密検査でした。グスン。
家族はここ最近で一番いい結果が出たので、それだけが救いだわ。


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

チーズ風味♪「ピーマンのさつまいもマッシュ詰め」

ピーマンとさつまいも・・・コレが今日の食材です。お買いものに行く元気もなくて、使えそうなこの2つの食材で一品作りましたよ。

さつまいもはマッシュしか頭に浮かばないので、だったらピーマンに詰めちゃえ〜!ってことで、不思議なお料理を作っちゃいました。

せめてもの思いで、チーズのおいしさをプラスした「ピーマンのさつまいもマッシュ詰め」です♪ どうでしょう。

ピーマンのさつまいもマッシュ詰め



肉詰めでもなく卵でもなく、なぜかさつまいも。これもありかな。

見た目だけはよくしようと思って、立てるべき旗を立てずに寝かせてみたり(笑)お料理は質素でも雰囲気だけはマシになったかな。

「ピーマンのさつまいもマッシュ詰め」の作り方
「さつまいもマッシュのピーマン詰め」の材料
材料(2〜3人分)
  • ピーマン 3〜4個
  • さつまいも 小1本
  • ★牛乳 大さじ2
  • ★粉チーズ 大さじ1
  • ★レモン果汁 小さじ1
  • ★塩・こしょう 適量
  • 小麦粉 適量
さつまいもは皮をむいて適当な大きさに切り、やわらかくなるまで煮る。お湯をゆでこぼして、★の材料を加えて弱火にかけながらマッシュする。

さつまいもは皮をむいて適当な大きさに切り、やわらかくなるまで煮る。

お湯をゆでこぼして、★の材料を加えて弱火にかけながらマッシュする。
ピーマンは厚めの輪切りにして、,魑佑瓩襦

ピーマンは厚めの輪切りにして、,魑佑瓩襦
小麦粉を薄くまぶして、フライパンで両面に焼き色がつく程度に焼く。

小麦粉を薄くまぶして、フライパンで両面に焼き色がつく程度に焼いたら出来あがり♪


塩・こしょうをきかせて、なかなかおいしい一品になりました♪
ピーマンの内側にも片栗粉とかまぶしておいた方がよかったかな。

実際のところお家で食べるのに旗はいらないけど、毎日のお弁当やピクニックだったら、旗ってそれだけで楽しそうになりますよね。

ちなみにこの旗ピックは、ただのつまようじにマスキングテープを貼るだけで簡単にできちゃいます。これなら使い捨てもOK。

ないものは作ればいい!という精神で日々頑張ってま〜す(笑)


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

野菜パウダーで「さつまいも&栗きんとん」

栗きんとんと言えばお正月、と思われるかもしれないけど、今日の「さつまいも&栗きんとん」はそれとはちょっと違います。

さつまいもと栗の甘みを活かしつつも、塩味系のきんとんなんです。そしてパウダーで3種類の色と味を楽しめるようにしてみましたよ♪

さつまいも&栗きんとん



普段のおかずとして食べるときや、とくに男性には甘くない方が好まれるかなぁと思って、あえて塩味を効かせてみました。

塩加減はお好みで。甘い方がよければ控えめにしてみてください。
パウダーはレモンとむらさき芋、ブロッコリーを使いましたよ♪

「さつまいも&栗きんとん」の作り方
「さつまいも&栗きんとん」の材料
材料(6個分)
  • さつまいも 1/2本
  • 栗の甘露煮 6個
    (1個は飾り用)
  • 牛乳 大さじ2
  • 砂糖 少々
  • 塩 少々
  • パウダー 各小さじ1
    ・レモン・むらさき芋
    ・ブロッコリー
さつまいもは皮をむき適当な大きさに切ってゆでる。やわらかくなったら、フードプロセッサーに入れて、栗・牛乳・砂糖・塩も加えて混ぜる。

さつまいもは皮をむき、適当な大きさに切ってゆでる。

やわらかくなったらフードプロセッサーに入れ、栗5個・牛乳・砂糖・塩も加えて混ぜる。
1/8にむらさき芋パウダー、1/8にブロッコリーパウダー、残りにレモンパウダーを混ぜ込む。

1/8にむらさき芋パウダー、1/8にブロッコリーパウダー、残りにレモンパウダーを混ぜ込む。
むらさき芋パウダーとブロッコリーパウダーを3個ずつに分け、レモンパウダーを6個に分ける。それぞれを合わせてラップでまるく絞ってまとめる。栗を飾ったら出来あがり。

むらさき芋パウダーとブロッコリーパウダーを3個ずつに分け、レモンパウダーを6個に分ける。

それぞれを合わせてラップでまるく絞ってまとめる。

残りの栗を切って、それぞれに飾ったら出来あがり♪


でもやっぱりお正月っぽいですね。栗の甘露煮さえあればオールシーズン作れるから、ちょっとしたおもてなしにもよさそう。

今回の野菜パウダーは国産野菜の無添加パウダーだったので、安心して自然の野菜の味と色を楽しめるのがよかったです。

当たり前だけどパウダーでもちゃんとその野菜の味がするんですね。

むらさき芋はいいとして、ブロッコリーはこのレシピにはちょっと違和感があったかな。色が似てる抹茶の方がよかったかも。

またいつか、この野菜パウダーが活躍できるお料理を考えてみます!


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

コロコロ可愛い♪「ポテトキューブ」

昨日作った「クルミとレモンのブロンディーズ風」に続いて、今日もコロコロなお料理を作ってみました。まさかのシリーズ第2弾 !?

どうやら、久し振りにヒマヒマ星人がやってきたみたいです(笑)

マッシュしたポテトを、テレビを見ながらのんびり成形。名付けて「ポテトキューブ」♪ 当たり障りないレシピ名にしておきました。

ポテトキューブ



ポテトに混ぜたのは、コンビーフとよく似た「コンミート」です。

よく見る台形の缶のコンビーフを買ってきたつもりが、コンミートという商品だったんです。同じ形だったから気がつかなかったぁ。

コンミートは、牛肉と一緒に馬肉も入っているもののようですよ。
コンミートでもコンビーフでも、お好きな方を使ってくださいね。

「ポテトキューブ」の作り方
「ポテトキューブ」の材料
材料(4人分)
  • じゃがいも 小5個
  • コンミート 1/2缶
  • バター 10g
  • パセリ 適量
  • レモンの皮
    (みじん切り)適量
  • 塩 適量
じゃがいもは皮をむいてゆでてマッシュする。コンミート・パセリ・レモンの皮・バターを加えて混ぜ、塩で味をととのえる。

じゃがいもは皮をむいてゆでてマッシュする。

コンミート・バター・パセリ・レモンの皮を加えて混ぜ、塩で味をととのえる。
好きなかたちに成形して、トースターで軽く焼く。

好きなかたちに成形して、トースターで軽く焼いたら出来あがり♪


混ぜ合わせた段階でも食べられるし、ハンバーグみたいなかたちにしてもいいし、とりあえずキューブ状にする必要はないですよ(笑)

はじめフライパンで焼こうとしたら、牛脂やらバターやらでキューブが崩れはじめたので、加熱には向いていないかもしれないです。

結局トースターで焼いたときも、崩れそうになる直前でやめました。

コンビーフ的なものは、記憶にないくらい前に食べたことはあるはずだけど、すっかり味を忘れてました。でも悪くないですね。

パセリとレモンもいい仕事をしてくれたので、予想以上においしかったですよ♪ 今度はコンビーフと間違えないようにしよっ!


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

栗とさつまいもクリームサラダ

先日栗の甘露煮をいただきました。栗きんとんもいいなぁと思ったけど、大好きなさつまいもと一緒に一品作ることにしました。

さつまいもはマッシュして栗はそのままの食感を楽しめる「栗とさつまいもクリームサラダ」を作りましたよ♪

栗とさつまいもクリームサラダ



さつまいもをマッシュしたお料理はよく食べるけど、そこに栗がゴロゴロ入っているとまたちょっと違った表情を見せてくれます。

今回は「わかさぎのから揚げ」のときにも使った塩パセリを振って、甘いさつまいもにいい感じの塩のアクセントをつけてみました。

「栗とさつまいもクリームサラダ」の作り方
「栗入りさつまいもクリームサラダ」の材料
材料(2人分)
  • さつまいも 1/2本
  • 栗甘露煮 6個
  • 牛乳 大さじ3
  • 粉チーズ 大さじ1
  • レモン果汁 大さじ1/2
  • 砂糖 少々
  • 塩 少々
さつまいもは皮をむき適当な大きさに切ってゆでる。やわらかくなったらゆでこぼしてマッシュする。牛乳・粉チーズ・レモン果汁を加えて混ぜ合わせる。

さつまいもは皮をむき適当な大きさに切ってゆでる。

やわらかくなったらゆでこぼしてマッシュする。

牛乳・粉チーズ・レモン果汁を加えて混ぜ合わせる。
ボウルに移し、栗を加えてさっくり混ぜる。塩と砂糖で味をととのえる。

ボウルに移し、栗を加えてさっくり混ぜる。

塩と砂糖で味をととのえたら出来あがり♪


さつまいもだけでも十分おいしいのに、栗を入れるとおいしさがグッと上がりますね。栗の甘露煮はいつでも手に入るから便利です。

個人的にはそこへ塩パセリをプラスすると、完ぺきな一品になったような気がしました。もちろん作るときに塩を多めに入れてもOKです。

結局甘いのとしょっぱいの?の組み合わせが、おいしいんですよね。すいかに塩、って感じです! わ、わかりますよね・・・?


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

簡単!「アボカドとツナのさつまいもカナッペ風」

今日のレシピは、1本のさつまいもから考えはじめましたよ。

さつまいもを輪切りにしてカナッペのクラッカーに見立てて、その上にディップ、華やかな食材・・・って考えだしたら止まらない!

華やかな食材と言えば、キャビア?いくら?さすがにそれはムリ。

そんな妄想をしながら、結局身近な食材で作ることにしましたよ。
簡単おいしい!「アボカドとツナのさつまいもカナッペ風」です♪

アボカドとツナのさつまいもカナッペ風



今日もどこかから、こんなのカナッペじゃない!っていう声が聞こえてきそうですね。そんなときはいつも「風」でごまかしちゃいます。

カナッペをイメージしたのは事実ですから(笑)

「アボカドとツナのさつまいもカナッペ風」の作り方
「アボカドとツナのさつまいもカナッペ」の材料
材料(4人分)
  • さつまいも 1本
  • アボカド 1個
  • ツナ缶 1缶
  • マヨネーズ 大さじ1
  • レモン果汁 大さじ1/2
  • レモン果肉 適量
  • 塩・こしょう 適量
さつまいもは1cm程度の輪切りにして、火が通るまでゆでる。

さつまいもは1cm程度の輪切りにして、火が通るまでゆでる。
アボカドは中身をくり抜いて、レモン果汁・塩・こしょうと一緒にミキサーにかける。加減はお好みで。ツナの半量を加えて混ぜる。

アボカドは中身をくり抜いて、レモン果汁・塩・こしょうと一緒にミキサーにかける。加減はお好みで。

ツナの半量を加えて混ぜる。

さつまいもに△鬚里擦董∋弔蠅離張覆肇譽皀鵑硫牝を飾ったら出来あがり♪


特別な材料もないしレシピも簡単。見栄えもいいし味もおいしい♪

こういうのがベストですね。個人的にはとってもおいしくて、野菜を食べてる感が結構あったので大満足でした。

こんな風にカナッペみたいな雰囲気で作ったから、普段の食卓はもちろん、おもてなしにもいいかもしれませんね。

正直このスタイル気に入っちゃいました。今度はさつまいもはそのまま、その上は違うバージョンでいろいろ作ってみたいです♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

これが本当の「ポムデュセス」

つい先日(おととい)じゃがいもで「ポムデュセス」を作りました。

そのときは正しい作り方がわからなくて、完全に自己流で作ってしまったのですが、どうしても納得がいかなかったのでちゃんと調べてみることにしたんです。

海外のサイトをいくつか見てわかったのは、全然作り方が違うこと!そんな訳で、訂正もかねて本当の「ポムデュセス」を作りました♪

本当の「ポムデュセス」



「Angie's Recipes」というレシピサイトのポムデュセスの写真がとてもきれいだったので、撮り方もちょっとマネしちゃいました。

ポムデュセス



前回「これがポムデュセスです」みたいなことを書いてしまったことが恥ずかしい!出来あがりは色も質感も全然違っててとてもきれい!

じゃがいもと塩のほかに、バターと卵黄を加えるのが本当のポムデュセスのようです。ナツメグを加えるレシピもありましたよ。

「ポムデュセス」の作り方
「ポムデュセス」の材料

本物はレモンの皮は使わないです!
材料
  • じゃがいも 350g
  • バター 30g
  • 卵黄 2個分
  • 塩 適量
  • レモンの皮
    (すりおろし)適量
じゃがいもは皮をむいてゆでる。お湯を捨ててマッシュしながらバターを加える。

じゃがいもは皮をむいて、やわらかくなるまでゆでる。

お湯を捨ててマッシュしながらバターを加える。
卵黄を加えてよく混ぜ、塩とレモンで味をととのえる。きれいに裏ごしする。

さらに卵黄を加えてよく混ぜ、塩とレモンで味をととのえる。

できれば裏ごしする。
天板に絞り出し、180度のオーブンで約20分焼く。

天板に絞り出し、180度のオーブンで約20分焼いたら出来あがり♪


前回の「ポムデュセス」のレシピを見て作ってくださった方、本当にごめんなさい。今回のレシピが本当のポムデュセスです。

オーブンで焼くだけだったんですね。外はパリッとしていて中はクリーミー。バターと卵黄のコクがプラスされておいしさも倍増でした。

それにしても、いい加減なレシピを書いていてはいけませんね。
反省するのみです。これからのレシピは慎重に書かなくては…。

参考にした海外のサイト♪

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

公爵夫人のじゃがいも「ポムデュセス」

※レシピを訂正しました→「これが本当のポムデュセス

今日もせっせとじゃがいも救済。ベルギー料理の「ポムデュセス」を作りましたよ。可愛いからずっと前から作りたかったんです♪

過去に3回チャレンジしたものの、最終段階でいつも失敗。何とか作り方を試行錯誤して、ようやくそれなりの出来栄えになりました!

ポムデュセス



冷凍食品で「ポムデュセス」という商品も存在してるみたいですね。

その商品とは若干見た目が違うけど、私にとっては、よくぞここまでたどり着いたという血と汗と涙の?一品になりました。

おしゃれな名前がついていますが、作り方は至って簡単。なのにどうして思うようにできなかったのか・・・。話すと長くなるので省略。

「ポムデュセス」の作り方
「ポムデュセス」の材料
材料(4人分)
  • じゃがいも 6個
  • 塩 適量
  • レモンの皮
    (すりおろし)適量
じゃがいもをゆでてマッシュする。塩とレモンで味をととのえる。裏ごしする。

じゃがいもは皮をむいてゆでてマッシュする。

塩とレモンで味をととのえて裏ごしする。
まるい円を描くように絞り出す。

絞り出し器を使って、まるい円を描くように絞り出す。

△鬟ーブンで焼く。…と出来上がるはず。

ちなみに私はオーブンで表面を軽く焼いて、それから油でサッと揚げました。


普通にオーブンで焼くと、じゃがいもの薄いところだけが黒こげに。かと言って油で揚げると、チリチリバラバラになってしまうんです。

なのでこんな作り方になってしまいました。オーブンで焼くだけよりも油で揚げる方が断然おいしいから、これでもよかったのかな。

でも自分ではあまり納得がいってないんですよね。焼いて揚げるのは二度手間だし、もうちょっとうまく作れる方法があるはず。

苦労はしたけど、出来あがったものはとてもおいしかったですよ。
パクパク食べちゃって、あっという間に完売・・・あ、完食でした!

まだじゃがいもはたくさんあるのに、失敗を恐れてたくさん作らなかったことをちょっぴり後悔したくらいです!

でも、そんな私の苦労を知らない家族が「これなら、フライドポテトでよかったんじゃない?」とひと言。

そーぢゃないっ!「私は、ポ、ポ・・・、ポ〇■☆※が作りたいんだよ〜!」って料理名すら覚えられていない私なのでした(爆)


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

ピンクの可愛い「たらこボール」

今我が家にはじゃがいもがとにかくたくさんあるので、今日も朝からじゃがいものレシピをひたすら考えてました。

じゃがいもからはじまって、冷蔵庫にカッテージチーズが残っていることを思い出し、それなら冷凍庫にあるたらこも使っちゃおう!

と思ってできたのが「たらこボール」です。鉄板の組み合わせ♪

たらこボール



今日は我慢できずにまるくしちゃいましたね。でもやっぱりこの方が可愛いし、何より食べやすいでしょ。全部で12個できましたよ。

「たらこボール」の作り方
「たらこボール」の材料

今回のじゃがいもは小さかったので4個使いました。正味180gでした。
材料(4人分)
  • じゃがいも 中2〜3個
  • たらこ 1腹
  • カッテージチーズ 30g
  • 塩 少々
じゃがいもは皮をむいて火が通るまでゆでる。たらこは中身を取り出しておく。

じゃがいもは皮をむいて、火が通るまでゆでる。

たらこは中身を取り出しておく。
じゃがいもをマッシュして、カッテージチーズを加えて混ぜる。たらこを加えてサクッと混ぜ、塩で味をととのえる。

完全にピンクにしたいときはしっかり混ぜてください。

じゃがいもをマッシュして、カッテージチーズを加えて混ぜる。

たらこを加えてサクッと混ぜ、塩で味をととのえる。

△鯏量手にとって、まるめたら出来あがり♪


簡単すぎてレシピを書くのもおこがましいくらいだわ。そうそう、「レモンはどこ?」って思った人のために一応説明いたします。

普通に塩と書きましたが、使ったのは「ウレシオ」。かなりずるいけど、ほんの少しレモンをかすってますのでお許しを・・・って誰に?

これはもう言うまでもなくおいしいやつです!カッテージチーズでちょっとだけコクをプラスしたのでよりおいしくなってます。

見た目を気にしないなら、のりのせてもいいかも。たらこスパに刻みのりがのっている感覚で・・・。

これでもまだまだじゃがいもが残っているので、じゃがいもレシピが続くかもしれないです。もう芽が見えてるから急がなくちゃ!


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ



このページのTOPへ

ページトップへ