レモンの秘密 - レモンと PICO が暮らす日々 -

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

Recipe BLOG


Rakuten motion widget

Archives

LINKS

BLOG FRIEND

Others

Mobile

qrcode

豆腐とチキンの食べるコーンスープ

昔、母がよく作ってくれたコーンクリームのスープ。豆腐や鶏肉がたくさん入ってて、今でもおいしかったことを鮮明に覚えています。

今日はその味を再現してみることに。食材は少しだけアレンジして作りました。「豆腐とチキンの食べるコーンスープ」です♪

母はこのスープになんて名前をつけていたのかは不明ですが(笑)

豆腐とチキンの食べるコーンスープ



豆腐とチキンのほかに、ブロッコリーの茎の部分も入ってます。花の部分は飾り用に少し使って、残りはサラダにして食べましたよ。

「豆腐とチキンの食べるコーンスープ」の作り方
「豆腐とチキンの食べるコーンスープ」の材料

写真にブロッコリーの茎がない!
材料(4人分)
  • 豆腐 1/2丁
  • 鶏ささみ 2本
  • ブロッコリー 1/2株
  • コーンクリーム 1缶(190g)
  • 牛乳 300cc
  • 顆粒コンソメ
     大さじ1/2
  • 塩・こしょう 適量
  • 水溶き片栗粉
    (片栗粉大1:水大2)
  • バター 大さじ1
  • 生クリーム 大さじ1
  • 卵 1個
  • レモンの皮
    (みじん切り)適量
ささみはゆでて小さく裂く。豆腐は1cm角に切る。卵は割りほぐしておく。

ブロッコリーの写真がないですね。

ささみはゆでて小さく裂く。
(ゆで汁はとっておく)
豆腐は1cm角に切る。
卵は割りほぐしておく。

ブロッコリーをゆでて、花の部分(適量)はみじん切りに、茎の部分は1cm角程度に切る。
鍋にゆで汁・牛乳・コーンクリーム・豆腐・ささみ・ブロッコリーの茎・コンソメを入れて煮立たせる。ひと煮立ちしたら塩・こしょうで味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつける。バターと生クリームを加え、溶き卵を回し入れ火が通ったら出来あがり。

鍋にゆで汁100cc・牛乳・コーンクリーム・豆腐・ささみ・ブロッコリーの茎・コンソメを入れて煮立たせる。

ひと煮立ちしたら塩・こしょうで味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつける。

バターと生クリームを加え、溶き卵を回し入れ火を通す。

仕上げにブロッコリーとレモンをのせたら出来あがり♪


うひょ〜!おいしくできましたぁ♪しかも母の味とほとんど同じ!

とろっとしたコーンクリームスープの中に具がたくさん入ってるから、1杯だけでも十分食べごたえがあります。まさに食べるスープ!

これでいつでも母の味が食べられるようになりました。うれしいな♪

心もからだも温まる最強のスープはこの時期にもぴったり。やさしい味だから胃が弱ってるときにもおいしく食べられそうです。

本当に上手にできたから、今度母にごちそうしてみようかしら(爆)


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

何をのせる?「豆腐のオープンピカタ」

少し前に豆腐のピカタを作りました。そのときはノーマルでしたが、食べているときに、ふとデラックスバージョンを思いついたんです。

これがそのデラックスバージョン「豆腐のオープンピカタ」です!

豆腐のオープンピカタ



豆腐の上に、とにかくいろんなものをのせたかったので、フライパンで両面焼くという方法ではなくて、トースターで焼いています。

パッと見「コレ何?」って思うもしれませんね。一応豆腐です!

「豆腐のオープンピカタ」の作り方
「豆腐のオープンピカタ」の材料

またまたよっちママさんにいただいたみじん粉使ってます♪
材料(2人分)
  • 豆腐 1丁(300g)
  • 塩・こしょう 適量
  • 小麦粉 適量
  • 卵 1個
  • 粉チーズ 大さじ1
トッピング
  • 鶏ひき肉 30g
  • アーモンドダイス 適量
  • レモンの皮
    (みじん切り)適量
  • みじん粉
    (あれば)適量
豆腐は縦半分に切って、1cm厚さに切る。卵と粉チーズを混ぜ合わせておく。

豆腐は縦半分に切って、1cm厚さに切る。

卵と粉チーズを混ぜ合わせておく。
全体に塩・こしょうを振って、小麦粉をまんべんなくかける。裏側も同様にする。

全体に塩・こしょうを振って、小麦粉をまんべんなくかける。

裏側も同様にする。
卵液をくぐらせて耐熱容器に入れたら、鶏ひき肉・アーモンドダイス・レモンの皮・みじん粉をトッピングする。トースターで約10分焼く。

卵液をくぐらせて耐熱容器に入れたら、鶏ひき肉・アーモンドダイス・レモンの皮・みじん粉をトッピングする。

トースターで約10分焼く。


この作り方だと、フライパンでひっくり返して卵がぺろ〜んってはがれることもないし、残った卵液もまわりに流し込んじゃうからムダがない!いいことづくしなレシピです。

私的には、ふにゃふにゃの?豆腐に、香ばしいアーモンドのカリカリ感のギャップがたまらなかったです♪

ちょっとおしゃれな雰囲気にもなったし、鶏肉をたっぷりのせたらメインディッシュにもなりそうですね。

今回使った食材に限らず、お好きなものをドンっとのせて作ってみてください!うーん、たらことかキムチとか、バジルもいいな♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

お肉もコロコロ「塩レモンマーボー。」

家族から「マーボー豆腐が食べたい!」とのリクエストがありました。わかりました、そのリクエストに応えましょう。

でも私の中では、すでに塩レモン味のマーボー豆腐の構想ができあがっていたのであります。それもずいぶん前から!

本来、塩とレモンではマーボー豆腐とは言えないのですが、ひき肉と豆腐を使うのでマーボー豆腐と呼ぶことにしておきます(笑)

そしてさらに期待を裏切るひき肉の成形・・・お肉もコロコロ「塩レモンマーボー。」です♪

塩レモンマーボー。



そう言えば前にも似たようなことがありましたね。

焼きそばをリクエストされて、ソース焼きそばではなく「塩レモン焼きそば」を作ってしまういじわるな?事件が・・・。

「塩レモンマーボー。」の作り方
「塩レモンマーボー。」の材料
材料(2人分)
  • 木綿豆腐 1丁(300g)
  • 豚ひき肉 150g
  • ごま油 適量
  • すりおろしにんにく
     少々
  • すりおろししょうが
     少々
  • 鶏ガラスープ
     1/2カップ
  • 塩 適量
  • レモン果汁 大さじ1/2
ひき肉に塩を加えて混ぜる。まな板の上で板状に成形して豆腐のような形に切り分ける。

ひき肉に塩を加えて混ぜる。

まな板の上で包丁で押し付けるように板状にしてから、豆腐のような形に切り分けて成形する。
フライパンにごま油・にんにく・しょうがを熱し、豚肉を焼く。

フライパンにごま油・にんにく・しょうがを熱し、豚肉を焼く。

余分な油はキッチンペーパーなどで取っておく。
鶏ガラスープを加え、豆腐を切りながら入れてひと煮立ちさせる。

鶏ガラスープを加え、豆腐を切りながら入れてひと煮立ちさせる。
全体に火が通ったら塩で味をととのえ、水溶き片栗粉でとろみをつける。最後にレモン果汁を加えてサッと混ぜ合わせたる。

全体に火が通ったら塩で味をととのえ、水溶き片栗粉でとろみをつける。

最後にレモン果汁を加えて、サッと混ぜ合わせたら出来あがり♪


新感覚でおいしい 塩レモン味のマーボー豆腐ができました!

これならお肉を食べてる感がアップするし、レモンのおかげで普通のマーボー豆腐よりさっぱり食べられます。

もちろんコロコロにしなくても塩レモンマーボーを楽しめますよ!
私はヒマだったのでテレビをみながらコロコロしてました♪

辛いのは苦手だしまだちょっと胃の調子がイマイチなので、まさに自分向けのマーボー豆腐でもありますね。早く治らないかなぁ。


楽天市場で見つけたれんげたち♪

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

油揚げのねぎ塩レモン

お気に入りのちょっと肉厚な油揚げがあって、それをパリパリに焼いてサクッと食べるのが大好きな私。

「大根おろし×しょうゆ」もおいしいけど、今日は「油揚げのねぎ塩レモン」でいただきました。

油揚げのねぎ塩レモン



ねぎは粗みじん切りにすると、存在感があっておすすめです!
さらにレモン果汁をギュッと絞ってもおいし〜♪

「油揚げのねぎ塩レモン」の作り方
「油揚げのねぎ塩レモン」の材料
材料(2人分)
  • 油揚げ 2枚
  • ねぎ
    (粗みじん切り)1本
  • 塩 小さじ1/2
  • レモン果汁 小さじ2
  • レモンの皮
    (みじん切り)多め
  • オリーブオイル
     大さじ1
フライパンにオリーブオイルを熱して、ねぎと塩・レモンの皮をじっくり炒める。

フライパンにオリーブオイルを熱して、ねぎと塩、レモンの皮を焦がさないようにじっくり炒める。

火を止める直前でレモン果汁を回しかけてサッと混ぜる。
同じフライパンで油揚げをこんがり焼く。

同じフライパンで油揚げをこんがり焼いて、ねぎ塩レモンをたっぷりのせたら出来あがり♪


はぁ〜、ねぎ塩レモンはおいしいですねぇ♪ねぎはこれでもか!ってくらいにのっけちゃってください。

今回は一番シンプルなバージョンで作ってみたけど、ほかにもオリーブオイルをごま油に変えたり、にんにくをプラスしたり、いろんなバージョンが作れそうです。

ちなみに油揚げは、写真のように切ってしまうと絶対上手に食べられないので、みなさんは食べやすい大きさに切ってからねぎをのせてくださいね。

創業大正13年伝統の京豆腐の味を全国にお届け♪

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

モロヘイヤの冷奴

スーパーで偶然出会ったモロヘイヤ。
モロヘイヤ、モロヘイヤ・・・ネバネバする野菜でしょ?
よく聞くのに食べたことがないので買ってみました。

はじめは納豆やオクラと組み合わせて、と思いましたが、できるだけ素材の味を活かせるように、モロヘイヤの冷奴です♪

モロヘイヤの冷奴



まずは作る前に「モロヘイヤ」をWikipediaで調べてみました。

刻んだりゆでたりするとムチンによる特有の粘りを呈する。
カルシウム、カロテン、ビタミンB、ビタミンCに富む緑黄色野菜のひとつで、抗酸化作用のあるクエルセチンを多く含む。

と書いてありました。なかなか優秀な野菜なんですね。参考までに。

「モロヘイヤの冷奴」の作り方
「モロヘイヤの冷奴」の材料

※肝心な豆腐を忘れてます・・・。
材料(2人分)
  • モロヘイヤ 1束
  • 絹ごし豆腐 1/2丁
  • ★しょうゆ 大さじ1/2
  • ★ごま油 小さじ1
  • ★レモン果汁 小さじ1
  • レモンスライス
    (あれば)適量
モロヘイヤの葉をサッとゆでる。

モロヘイヤの葉だけをサッとゆでて冷水にとり、水気を切って粗みじんにする。
豆腐は半分に切る。
モロヘイヤを粗みじん切りにして、調味料を加えて混ぜ合わせる。

モロヘイヤと★の調味料を混ぜ合わせる。
器にレモンスライス→豆腐→モロヘイヤをのせたら出来あがり♪


味つけは薄めにしてあるので、お好みでしょうゆや塩をプラスしてもOK。レモンスライスをギュッと絞ると、よりさっぱりおいしく食べられますよ。

私的には、モロヘイヤとごま油と豆腐の組み合わせはかなり「アリ」でした!いつもの冷奴にあきたら、ぜひ試してみてくださいね♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

トマトと大葉の冷やっこ

これからのシーズンにぴったりのレシピができました!
自信を持っておすすめする「トマトと大葉の冷やっこ」です。

かつお節にしょうゆ、じゃなくて、ごま油と塩で食べる新感覚のおいしい冷やっこです♪

トマトと大葉の冷奴
「トマトと大葉の冷やっこ」の作り方
「トマトと大葉の冷奴」の材料
材料(2人分)
  • 絹ごし豆腐 1/2丁
  • トマト 1個
  • 大葉 10枚
  • ごま油 大さじ1/2
  • レモン果汁 小さじ1
  • 塩 適量
大葉と調味料を混ぜ合わせる。

トマトは横に4枚にスライスして、豆腐は4つに切り分ける。
大葉を細長く切って、ごま油、レモン果汁、塩と一緒に混ぜ合わせる。

器にトマトを並べて軽く塩をふる。
豆腐を重ね、大葉をたっぷりのせたら出来あがり♪


めっちゃおいしいんだけど、今回もレモンの味が隠れちゃいました。ごま油や大葉とか使ってたら当然ですよね。

ただ、味は感じなくても、レモンの酸味が少しでも爽やかなテイストに貢献してくれてると信じています。

大葉が大好きな人は大葉20枚コースで食べちゃってくださいね♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

イタリアンな豆腐サラダ

今日は私の好きな豆腐で、レモンを使ったお料理に挑戦!

・・・と思っていろいろ考えた結果、ちょっと無難にレモンドレッシングで食べる「イタリアンな豆腐サラダ」に決定しました。

イタリアンな豆腐サラダ
「イタリアンな豆腐サラダ」の作り方
「イタリアンな豆腐サラダ」の材料
材料(2人分)
  • 絹ごし豆腐 1/2丁
  • グリーンリーフなど
     適量
  • ミニトマト 5個
  • オリーブオイル
     大さじ2
  • レモン果汁 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • 粗びき黒こしょう・塩
     多め
  • 乾燥バジル 適量
  • アーモンド
    (細かく刻む)適量
豆腐は手でちぎり、ミニトマトは半分に切り、ドレッシングを混ぜ合わせる。

豆腐は手でちぎり、ミニトマトは半分に切る。

アーモンド以外のドレッシングの材料を混ぜ合わせる。
器に盛って、アーモンドをまぶしかける。

グリーンリーフ・豆腐・ミニトマトを器に盛ってアーモンドをトッピングする。

食べる直前にドレッシングを回しかけたら出来あがり♪


粗びき黒こしょうと塩を多めにして、味がぼやけないようにするのがポイントです。

豆腐は和のテイストだけど、イタリアンなサラダにもよく合います。おいしい豆腐が手に入ったらぜひ作ってみてくださいね♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

コロコロハムとミックスビーンズのサラダ

簡単でヘルシーなサラダができました〜♪

いただきものの明方(みょうがた)ハムと、常備しているミックスビーンズを使ったレシピ「コロコロハムとミックスビーンズのサラダ」です。

コロコロハムとミックスビーンズのサラダ



ミックスビーンズは袋から出してそのまま使えるもの、冷凍の枝豆は塩ゆでしてあるものを使いました。

ハムはベーコンでもOKだけど、いずれにしてもブロックでコロコロにカットするのがおすすめです!

「コロコロハムとミックスビーンズのサラダ」の作り方
「コロコロハムとミックスビーンズのサラダ」の材料
材料(3〜4人分)
  • ハム(ブロック)120g
  • ミックスビーンズ 120g
  • 冷凍の枝豆 120g
    (さやつきでの重さ)
  • レモン果汁 小さじ2〜
  • オリーブオイル 小さじ2
  • 塩(香草塩、クレイジーソルトなど) 適量
  • 黒こしょう 適量
コロコロハムを焼く。

ハムを1cm角くらいの大きさに切る。
塩・こしょうでこんがり焼いて、粗熱をとっておく。
すべての材料を混ぜ合わせる。

ボウルに,函△気笋ら出した枝豆、ミックスビーンズ、レモン果汁、オリーブオイルを入れて混ぜ合わせる。
塩、黒こしょうで味をととのえたら出来あがり♪


ちなみに「明方ハム」は国産豚100%の特級プレスハムで、東海地方では有名なのかな。結構おいしいです。

はじめから塩味がついているので、調理しなくてもそのままサラダにのせたり、おつまみやおやつにもぴったりです。

似たようなハムで「明宝ハム」というものもあるので、ときどきゴチャゴチャになるけど、いずれにしてもおいしいハムです。知らない方はお取り寄せしてみるものいいかも。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ



このページのTOPへ

ページトップへ