レモンの秘密 - レモンと PICO が暮らす日々 -

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

Recipe BLOG


Rakuten motion widget

Archives

LINKS

BLOG FRIEND

Others

Mobile

qrcode

しっとり爽やか♪我が家の「ヨーグルトマフィン」

ヨーグルトをよく買って来るのに、いつも食べきれない私。今日はそんなヨーグルト救済のために「ヨーグルトマフィン」を作りました。

ヨーグルトを使ったスイーツも大好きなんだけど、失敗することも結構あって、写真は1回失敗して、あわてて作り直したものなんです。

ふくらみ具合と、焼いたあとのしぼみ具合がまだ完全には読み切れなくて、カップのサイズに上手に合わせられないだけなんですけどね。

ヨーグルトマフィン



使うヨーグルトは無糖のもの。とくに水切りなどは必要ないです。

カップのサイズは、少し大きめで直径7.5cmぐらい。なので、このレシピ通りに作ると3個分です。もう少し小さいカップでもOKですよ。

「ヨーグルトマフィン」の作り方
「ヨーグルトマフィン」の材料
材料
  • ヨーグルト 100g
  • 小麦粉 100g
  • バター 40g
  • 砂糖 70g
  • 卵 1個
  • レモン果汁 大さじ1
  • ベーキングパウダー
     小さじ1
ボウルに室温に戻したバターを入れて、クリーム状になるまで混ぜる。さらに砂糖を加えてよく混ぜ合わせる。

うまく混ざらないときは、レンジで少し加熱して、バターをやわらかくするといいです。

ボウルに室温に戻したバターを入れて、クリーム状になるまで混ぜる。

さらに砂糖を加えてよく混ぜ合わせる。
卵・ヨーグルト・レモン果汁を加えて、その都度よく混ぜ合わせる。

卵・ヨーグルト・レモン果汁を加えて、その都度よく混ぜ合わせる。
小麦粉とベーキングパウダーを振るい入れ、ヘラでサックリ混ぜる。

小麦粉とベーキングパウダーを振るい入れ、ヘラでサックリ混ぜる。
型に入れて、180度のオーブンで約20分焼いたら出来上がり♪

型に入れて、180度のオーブンで約20分焼いたら出来上がり♪


先ほど失敗した話をしましたが、味だけは失敗することはないので、作るときはカップに対しての生地の量だけ心配してください(笑)

膨らむけどしぼむ・・・。なので、8〜9分目ぐらいで大丈夫なんじゃないかと思います。カップやオーブンによりますけど。

それにしてもこの味、何度食べてもおいしいです♪やさしいヨーグルトの風味が、とてもいい感じ。あっという間になくなりましたよ。


JUGEMテーマ:おやつの時間
JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

ふわふわエアリーな「ブルーベリームースのタルト」♪

甘くておいしいスイーツが食べたくて、お買い物に行った家族に「ブルーベリーを買ってきて!」とお願いしました。私は自宅待機(笑)

もう作るものは決まっています。市販のタルトケースがあったので、また楽をして「ブルーベリームースのタルト」を作りますよぉ!

実はブルーベリーも冷凍でして、扱いも楽だし、季節を問わず作れるから結構気に入ってます。出来上がりもの色も鮮やかだしね♪

ブルーベリームースのタルト



直径15cmほどのタルトケースを使いましたが、それだとムースが余ってしまうので、ほかの型に入れてムースだけ楽しんでくださいね。

「ブルーベリームースのタルト」の作り方
「ブルーベリームースのタルト」の材料
材料
  • ブルーベリー(冷凍)
     100g
  • 砂糖 60g
  • レモン果汁 大さじ1
  • 粉ゼラチン 7g
  • 牛乳 50cc
  • 生クリーム 100cc
ブルーベリーはミキサーなどでピューレ状にする。ゼラチンは50ccのお湯(分量外)で溶かしておく。レモン果汁・砂糖・ゼラチンを加えて、よく混ぜ合わせる。

ブルーベリーはミキサーなどでピューレ状にする。

ゼラチンは50ccのお湯(分量外)で溶かしておく。

レモン果汁・砂糖・ゼラチンを加えて、よく混ぜ合わせる。

一度裏ごしする。
牛乳と7分立てにした生クリームを加えて混ぜ合わせる。

牛乳と7分立てにした生クリームを加えて混ぜ合わせる。
タルトの型に△鯑れて、冷蔵庫で冷やし固めたら出来上がり♪

タルトの型に△鯑れて、冷蔵庫で冷やし固めたら出来上がり♪


出来上がりは・・・もう最高!!ふわっふわなムースが、お口の中でとろけていきます。甘さもいい感じ♪もちろん市販のパイも(笑)

本当はパイ生地も自分で作れたらいいんですけどね。でも、サクッとこのタルトを作るには、市販のもので十分です。背伸びは禁物!

甘酸っぱ〜いブルーベリームース、これから堪能いたします♪


JUGEMテーマ:おやつの時間

しっとり濃厚♪「さつまいものベイクドチーズケーキ」

先日さつまいものレシピを書いたばかりなのに、今日もさつまいものレシピです。「アヤコマチ」というさつまいもをもらったからです。

皮をむくと、少しオレンジがかった色をしていてきれいなので、スイーツに使ってみようと思います。でもあまりレパートリーがない!

で、決めたのは「さつまいものベイクドチーズケーキ」。そのきれいな色が少し薄れてしまうけど、まぁ、いっか。おいしいから(笑)

さつまいものベイクドチーズケーキ



以前作ったときは「スティックチーズケーキ」にしたので、今回はホール型にしました。どちらで作ってもOKです。

普通に作るなら、直径20cmくらいの型でいいと思うけど、私はそれよりも小さい型で2個作りましたよ。小さい方が可愛いから♪

「さつまいものベイクドチーズケーキ」の作り方
「さつまいものベイクドチーズケーキ」の材料
材料(直径約20cm型)
  • さつまいも(正味)200g
  • クリームチーズ 200g
  • 砂糖 70g
  • 卵 2個
  • 生クリーム 100cc
  • レモン果汁 大さじ1
  • 小麦粉 30g
さつまいもは皮をむき、適当な大きさに切ってゆでる。やわらかくなったら、マッシュする。

さつまいもは皮をむき、適当な大きさに切ってゆでる。

やわらかくなったら、マッシュする。
ボウルにクリームチーズを入れて、クリーム状になるまで混ぜる。さらに砂糖を加えてよく混ぜる。

ボウルにクリームチーズを入れて、クリーム状になるまで混ぜる。

さらに砂糖を加えてよく混ぜる。
 ⇒顱∪献リーム、レモン果汁を加え、その都度よくよく混ぜる。さらに小麦粉を振るい入れて、混ぜ合わせる。

 ⇒顱∪献リーム、レモン果汁を加え、その都度よくよく混ぜる。

さらに小麦粉を振るい入れて、混ぜ合わせる。
生地を型に流し込んで、台にトントンと落として空気を抜く。180度のオーブンで約40分焼いたら出来上がり♪

生地を型に流し込んで、台にトントンと落として空気を抜く。

180度のオーブンで約40分焼いたら出来上がり♪


砂糖は若干控えめにしてあるので、お好みで調節してくださいね。

前回の「スティックチーズケーキ」に引き続き、おいしいベイクドチーズケーキができました。やっぱりクリームチーズは最高です♪

私も大満足だし、家族もめずらしく、私以上にすごい勢いで食べてくれてうれしかったぁ。おいしいものはやっぱりおいしいんですね♪


JUGEMテーマ:おやつの時間
JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

お家で簡単に作れる♪「クリームチーズパイ」

クリームチーズが大好きで、ブログでの登場回数もかなり多いのですが、今日もやっぱりクリームチーズを使ったスイーツです!

以前プチクリームチーズパイを作ったとき、本当に簡単においしくできたので、今回はタルト型で「クリームチーズパイ」を作りました♪

前回とは作り方が少し違うけど、簡単さはほとんど変わらないです。

クリームチーズパイ



これぐらいクリームチーズがたっぷり詰まってると、個人的にはウキウキなのですが、本来はもうちょっと少なめでもいいのかな。

そのあたりは、お好みに合わせて分量を調節してくださいね。
パイ生地は市販のもので、10cm×18cm、厚さは4mmぐらいです。

「クリームチーズパイ」の作り方
「クリームチーズパイ」の材料
材料(約8cm型4個分)
  • パイシート 2枚
  • クリームチーズ 80g
  • グラニュー糖 40g
  • レモン果汁 小さじ1〜
  • 卵黄 適宜
室温に戻したクリームチーズとグラニュー糖、レモン果汁を混ぜ合わせる。

室温に戻したクリームチーズとグラニュー糖、レモン果汁を混ぜ合わせる。
型にパイシートを敷きつめ、重りをのせて、200度のオーブンで約10分焼く。

型にパイシートを敷きつめ、重りをのせて、200度のオーブンで約10分焼く。
パイ生地の上部に黄身をハケで塗り、中にクリームチーズを詰める。180度のオーブンで約10分焼いたら出来上がり♪

パイ生地の上部に黄身をハケで塗り、中にクリームチーズを詰める。

180度のオーブンで約10分焼いたら出来上がり♪


実は、プチクリームチーズパイを作ったときは、パイ生地を2枚重ねたので、膨らみ方が均等にならなかったりしたんです。

でも今回は重ねないので、その点は心配もなくうまくいきました。

私は出来上がりに自信がなかったので、慎重に2度焼きにしていますが、1度で上手に焼けるならそれが一番です。…私もいずれは!?

味の方は、もちろん最高においしかったですよ♪今まで買うことしかできなかったクリームチーズパイも、もう家で作れるんですよね。

それがうれしくてうれしくて、市販のパイ生地と大好きなクリームチーズはいつもストックしてあります(笑)簡単なのでぜひお試しを♪

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
JUGEMテーマ:おやつの時間

食感も楽しめる♪「柿のパウンドケーキ」

先日もらった柿がまだたくさんあるので、今日はスイーツを作ってみることに。とは言っても、何が作れるか結構悩みましたよ。

柿を使ったお菓子系は、あんまり作ったことがないので、過去の記憶をたどって何とか思いついたのが「柿のパウンドケーキ」。

ヒントになったのは「にんじんと豆乳のパウンドケーキ」です。このにんじんを柿に変えれば「柿のパウンドケーキ」になりますもんね♪

柿のパウンドケーキ



柿をフードプロセッサーで細かくするのですが、少し粗めにして、出来上がったときに柿の食感も楽しめるくらいがいいと思います。

フードプロセッサーがなければ、粗みじん切りにする感じです。かと言って、大きくし過ぎると沈んでしまうので、注意してくださいね。

「柿のパウンドケーキ」の作り方
「柿のパウンドケーキ」の材料
材料
  • 柿 1個
  • ホットケーキミックス
     200g
  • 卵 1個
  • 砂糖 40g
  • 牛乳 100cc
  • レモンの皮 適量
柿50gとレモンの皮をフードプロセッサーにかけて、細かくする(粗めに)。

柿50gとレモンの皮をフードプロセッサーにかけて、細かくする(粗めに)。

残りは飾りに使ってください。
ボウルに卵を割り入れてほぐし、砂糖・牛乳・ホットケーキミックス・柿とレモンを順に加えて、その都度よく混ぜる。

ボウルに卵を割り入れてほぐし、砂糖・牛乳・ホットケーキミックス・柿とレモンを順に加えて、その都度よく混ぜる。
型に入れて、180度のオーブンで約30分焼いたら出来あがり♪

今回は1/2サイズの型を2個使いました。

型に入れて、180度のオーブンで約30分焼いたら出来あがり♪


ホットケーキミックスで作るので本当に簡単だし、よっぽどのことがない限り、まず失敗はないと思います。しかもふわふわでおいしい♪

ちなみに写真の奥に写っているパウンドケーキは、真ん中に粉糖のラインを引いて、型抜きした柿をのせてあります。

見た目が同じようになりがちなパウンドケーキだから、たまにはこんな風に飾ってみるのもいいですね。あんまりセンスないけど(笑)


JUGEMテーマ:おやつの時間
JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

ぷくっとまぁるい「クリームチーズの蒸しケーキ」

クリームチーズを使ったお菓子で、私が好きなのはレアチーズケーキとかベイクドチーズケーキなんだけど、今日はそれをあえて封印。

ホットケーキミックスを使って、簡単に作れる「クリームチーズの蒸しケーキ」を作ることにしました♪簡単なのがおすすめです。

クリームチーズの蒸しケーキ



蒸しケーキって、何となく体にやさしい感じがするんですけど、使ってる材料を見る限り、そうでもないんですよね。気のせいかな。

でも、出来あがったまんまるな姿を見て、なぜか癒されてしまう私。赤ちゃんのほっぺみたいに、ぷにぷにって触ったりなんかして(笑)

「クリームチーズの蒸しケーキ」の作り方
「クリームチーズの蒸しケーキ」の材料
材料(ココット8個分)
  • クリームチーズ 100g
  • ホットケーキミックス
     200g
  • 砂糖 40g
  • 卵 2個
  • サラダ油 大さじ1
  • レモン果汁 大さじ1/2
ボウルに室温に戻したクリームチーズを入れて練り混ぜ、砂糖を加えて、なめらかになるまで混ぜ合わせる。

ボウルに室温に戻したクリームチーズを入れて練り混ぜ、砂糖を加えて、なめらかになるまで混ぜ合わせる。
卵とサラダ油を割り入れて、丁寧に混ぜ合わせる。さらにホットケーキミックスを加えて、ダマにならないようによく混ぜる。

卵とサラダ油を割り入れて、丁寧に混ぜ合わせる。

さらにホットケーキミックスを加えて、ダマにならないようによく混ぜる。
ココットなどに生地を7分目ほど入れて、蒸し器で約10分蒸したら出来上がり♪

ココットなどに生地を7分目ほど入れて、蒸し器で約10分蒸したら出来上がり♪


クリームチーズを使っているのに、また全然違ったテイストで、なかなかおいしかったですよ。蒸したばかりのふわふわ感も大好き♪

はふはふしながら食べてると、ほかほかの肉まんでも食べてる感じ。

もちろん冷めてから食べてもおいしさは変わりません!胃の調子があまりよくないときでも、これならパクパク食べれそうです。

お好みでフルーツソースとかをかけてもいいかもしれませんね。


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
JUGEMテーマ:おやつの時間

お家でも作れる♪「分厚いパンケーキとりんごバター」

どうしてもやってみたいことがあって、パンケーキを作りました。
やってみたかったのは、ふわふわで分厚いパンケーキにすること。

少し前にテレビで、生地にメレンゲを混ぜて焼くと、ふわふわで分厚いパンケーキが作れるっていうのを、チラッと見たんです。

ちゃんと見てなかったけど、いつもは一度に混ぜてしまう卵黄と卵白を、卵白だけ別で泡立ててメレンゲにすればいいはず。多分(笑)

そういう訳で、今日は「分厚いパンケーキとりんごバター」です♪

ふわふわパンケーキとりんごバター
分厚さがイマイチ伝わらない!?


「りんごバター」も、ずっと前から作ってみたかったもの。ちょうどパンケーキに合うだろうと思って、こちらもはじめて作りましたよ。

「分厚いパンケーキとりんごバター」の作り方
「ふわふわパンケーキとりんごバター」の材料

メープルシロップはなくてもOK。
材料(4人分)
  • ホットケーキミックス
     200g
  • 卵 1個
  • 牛乳 150cc
  • りんご 1/2個
  • ★バター 20g
  • ★砂糖 20g
  • ★レモン果汁 小さじ1
  • (メープルシロップ)
ボウルに卵黄を入れてほぐし、牛乳を加えてよく混ぜる。さらにホットケーキミックスを加えて、ダマにならないように混ぜ合わせる。

ボウルに卵黄を入れてほぐし、牛乳を加えてよく混ぜる。

さらにホットケーキミックスを加えて、ダマにならないように混ぜ合わせる。
卵白を8分立てにして,鵬辰─▲悒蕕覆匹農擇襪茲Δ砲靴萄ぜる。

卵白を8分立てにして,鵬辰─▲悒蕕覆匹農擇襪茲Δ砲靴萄ぜる。
フライパンに油を熱し、型をのせて、生地を3cm程度流し込む。下に焼き色がついたら、型を外して裏返し、弱火で火が通るまで焼く。

型にも油を薄く塗っておきました。

フライパンに油を熱し、型をのせて、生地を3cm程度流し込む。

下に焼き色がついたら、型を外して裏返し、弱火で火が通るまで焼く。
りんごはよく洗って、粗みじん切りにする。小鍋にりんごと★の材料を入れて加熱し、煮詰まってきたら火を止める。

りんごはよく洗って、粗みじん切りにする。

小鍋にりんごと★の材料を入れて加熱し、煮詰まってきたら火を止める。

お皿にパンケーキを盛って、りんごバターをかけたら出来上がり♪


できました!ふわふわなパンケーキができましたよ♪型に入れたのは自己流だけど、型なしでもきっとふわふわになると思います。

それからりんごバター。これもめちゃうまで大成功でした!パンケーキはもちろん、普通にトーストにのせてもよさそうです。

はぁ〜、久々に幸せな気分。女子?は甘いスイーツがあれば、簡単に幸せモードになれますね。もしかして、私だけかな(笑)


JUGEMテーマ:おやつの時間

ホットケーキミックスで作る「栗のマフィン」

この季節になって食べたくなるもののひとつは、やっぱり栗かな。

たしか先日、旬の食材を冷凍食品で代用したばかりなのに、今日は、今が旬の栗までも甘露煮(瓶詰め)を使ってしまうレシピです(笑)

手抜きしたいというよりも、その方が簡単においしくできるからです。言い訳にしかなりませんけどね。

で、今日は、さらに便利なホットケーキミックスも使って、誰にでも簡単に作れる「栗のマフィン」を作りましたよ♪

ホットケーキミックスで作る「栗のマフィン」



もちろん、甘露煮なんて使わなくてもいいです。私の場合、「簡単」と「おいしい」を追求したら、こうなっただけですから…。

「栗のマフィン」の作り方
「栗のマフィン」の材料
材料(7〜8個分)
  • 栗(甘露煮)7〜8個
  • ホットケーキミックス
     100g
  • バター 40g
  • 砂糖 40g
  • 卵 1個
  • はちみつ 大さじ1/2
  • レモン果汁 大さじ1/2
  • 牛乳 50cc
室温に戻したバターを、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜる。砂糖を加えてよく混ぜる。はちみつ、レモン果汁、卵を加えて、その都度よく混ぜ合わせる。

室温に戻したバターを、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜる。

砂糖を加えてよく混ぜる。

はちみつ、レモン果汁、卵を加えて、その都度よく混ぜ合わせる。
ホットケーキミックスを加えて、ヘラなどで切るように混ぜ、さらに牛乳を加えて混ぜ合わせる。

ホットケーキミックスを加えて、ヘラなどで切るように混ぜ、さらに牛乳を加えて混ぜ合わせる。
型に生地を7〜8分目まで流し込んで、栗をのせる。170度のオーブンで約25分焼いたら出来上がり♪

型に生地を7〜8分目まで流し込んで、栗をのせる。

170度のオーブンで約25分焼いたら出来上がり♪


栗がもっとたくさんあったら、マフィン1個につき、2〜3個は入れたかったですね。でも栗を堪能できて、すごくおいしかったです!

何と言っても、このレシピは究極の簡単レシピなので、どなたにでも失敗なく作ってもらえると思います。

今回は焼くと栗が沈んで、ちょうど中に入った状態で出来上がるけど、栗が見えてた方がいいのかな。機会があったら作ってみますね。


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
JUGEMテーマ:おやつの時間

コクうま濃厚♪「スティックチーズケーキ」

スイーツの中で、個人的に1位2位を争うのは、おそらくレアチーズケーキとベイクドチーズケーキです。どちらもチーズ系ですけど。

ブログではレアチーズケーキばかり作っているので、今日はベイクドチーズケーキのレシピを書きたいと思います♪ 多分はじめてです。

そしていつもの丸い型ではなくて、今回は買ったばかりのスクエア型で作って、食べやすいようにスティック状に切り分けてみましたよ♪

スティックチーズケーキ



レアチーズケーキよりも簡単に作れて、食べ応えもあるので、カロリーを気にしなければベイクドチーズケーキの方が若干優勢かな(笑)

だけどレアチーズケーキが無性に食べたくなるときもあるし、女心は何とやら・・・。結局、その日の気分ってやつです。

「スティックチーズケーキ」の作り方
「スティックチーズケーキ」の材料
材料(15cmスクエア型)
  • クリームチーズ 250g
    (室温に戻しておく)
  • 砂糖 70g
  • 卵 1個
  • 生クリーム 100cc
  • レモン果汁 大さじ1
  • 小麦粉 40g
ボウルにクリームチーズを入れて、クリーム状になるまで混ぜる。砂糖を加えてよく混ぜる。

ボウルにクリームチーズを入れて、クリーム状になるまで混ぜる。

砂糖を加えてよく混ぜる。
卵、生クリーム、レモン果汁を加え、その都度よくよく混ぜる。さらに小麦粉を振るい入れて、ヘラでサックリ混ぜ合わせる。

卵、生クリーム、レモン果汁を加え、その都度よくよく混ぜる。

さらに小麦粉を振るい入れて、ヘラでサックリ混ぜ合わせる。
生地を型に流し込んで、台にトントンと落として空気を抜く。180度のオーブンで約35分焼いたら出来上がり♪

生地を型に流し込んで、台にトントンと落として空気を抜く。

180度のオーブンで約35分焼いたら出来上がり♪

お好みで、冷やして食べてもOKです。


ベイクドチーズケーキは、焼くのが面倒だと思われるかもしれないけど、生地を作る工程はレアチーズケーキよりも簡単だと思います。

今日の気分は、完全にベイクドチーズケーキだったので、サクっと写真を撮って、ガブっと豪快にいただきました!おいし〜♪

チーズケーキを自分で作るなんて考えられないって方も、一度作ってみるとそれほどむずかしくないことがわかると思います。

それにしても、大好きなスティックチーズケーキが、自宅で食べたいときに食べられるなんて、ほんとに幸せでしたよ♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

大切な人と♪「ウィークエンドシトロン」

久し振りのレシピは「ウィークエンドシトロン」♪週末に大切な人と食べる 黄色い宝石のようなケーキとして有名ですよね。

グラス・オ・シトロンというアイシングのようなものをかけて、砕いたピスタチオをのせた姿が特徴的で、レモンをふんだんに使います。

めったに作らないのですが、いつもこんな私を支えてくれる大切な家族に、感謝の気持ちを込めて丁寧に作りましたよ。

ウィークエンドシトロン



グラス・オ・シトロンの部分は、ちょっぴり面倒かもしれないけど、あるのとないのとでは大違い!できればたっぷりかけてほしいです。

「ウィークエンドシトロン」の作り方
「ウィークエンドシトロン」の材料
材料
  • 卵 2個
  • 砂糖 80g
  • 小麦粉 100g
  • アーモンドプードル 30g
  • バター 80g
    (溶かしておく)
  • レモンの皮
    (すりおろし)1個分
  • レモン果汁 大さじ1
  • ★粉糖 50g
  • ★レモン果汁 大さじ1半
  • ピスタチオ 適量
ボウルに卵を割り入れて溶きほぐす。砂糖を加えて、泡だて器でしっかり混ぜる。持ち上げたときにリボン状になって落ちるぐらいまで。

ボウルに卵を割り入れて溶きほぐす。

砂糖を加えて、泡だて器でしっかり混ぜる。

持ち上げたときにリボン状になって落ちるぐらいまで。
小麦粉を振るい入れて、ヘラなどでムラなく混ぜる。溶かしバターを数回に分けて加え、その都度全体になじむように混ぜる。レモンの皮とレモン果汁を加えて同様に混ぜる。

小麦粉とアーモンドプードルを振るい入れて、ヘラなどでムラなく混ぜる。

溶かしバターを数回に分けて加え、その都度全体になじむように混ぜる。

レモンの皮とレモン果汁を加えて同様に混ぜる。
型に流し入れて、型ごと台にトントンと落として空気を抜く。170度のオーブンで30〜40分焼く。

型に流し入れて、型ごと台にトントンと落として空気を抜く。

170度のオーブンで30〜40分焼く。
アイシングをかけて、砕いたピスタチオをのせたら出来上がり♪

★の材料を混ぜ合わせたアイシングをかけて、砕いたピスタチオをのせたら出来上がり♪


我ながら上手にできました!この週末に家族と一緒に「おいしいね」って言いながら食べてたら、ちょっと幸せな気分になりましたよ♪

そういう特別なケーキだから、たまにしか作らないんですよね。おいしいものを作って、大切な人と食べる幸せをあらためて感じました。

私もそうだけど、家族もグラス・オ・シトロンのところが大好き♪
よかったら、みなさんも大切な人と食べてみてくださいね!


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
JUGEMテーマ:おやつの時間



このページのTOPへ

ページトップへ