レモンの秘密 - レモンと PICO が暮らす日々 -

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

Recipe BLOG


Rakuten motion widget

Archives

LINKS

BLOG FRIEND

Others

Mobile

qrcode

チンゲンサイのレモンクリーム煮

冷蔵庫にチンゲンサイ。チンゲンサイでレモンのお料理・・・。今日は考えはじめてすぐに降りてきましたよ〜(誰が?レモンの神様?)

ほかの食材は使わずにチンゲンサイのみでクリーム煮!もちろんレモンを使った「チンゲンサイのレモンクリーム煮」です♪

チンゲンサイのレモンクリーム煮



チンゲンサイって盛り方むずかしいですね。これってどうなのかな?

しかもチンゲンサイの下全体にレモンクリームがいるんだけど、全くそんな気配すら感じられないような写真になっちゃいました(泣)

「チンゲンサイのレモンクリーム煮」の作り方
「チンゲンサイのレモンクリーム煮」の材料
材料(2人分)
  • チンゲンサイ 2株
  • ごま油 大さじ1
  • すりおろしにんにく
     適量
  • 鶏ガラスープ
     1/2カップ
  • 牛乳 1/2カップ
  • レモンの皮
    (みじん切り)適量
  • 塩・こしょう 適量
  • 水溶き片栗粉
     片栗粉 大1/2:水 大1
フライパンにごま油・にんにくを入れて加熱し、チンゲンサイを炒める。

チンゲンサイはよく洗って4つに割る。

フライパンにごま油・にんにくを入れて加熱し、チンゲンサイを炒める。

鶏ガラスープを加えてサッと煮たら、チンゲンサイを取り出しておく。
チンゲンサイを取り出して、牛乳・塩こしょう・レモンの皮を加えて味をととのえる。

残ったスープに牛乳・レモンの皮・塩こしょうを加えて味をととのえ、水溶き片栗粉でとろみをつける。


器にチンゲンサイを盛って、レモンクリームを回しかけたら出来あがり♪


とは言いつつ、写真では回しかけてません。そもそもクリームで煮てないじゃん!っていう突っ込みも出てきそうですね。

もしブログに載せない前提なら、チンゲンサイは最初に食べやすい大きさに切っておくし、レモンクリームを作ったらそこへチンゲンサイを入れて絡ませてると思います(爆)

少々リアリティに欠けてるような気もしますが、味はばっちりです!

ほかの食材でも試してみたくなる、おいしいレモンクリーム煮ができましたよ♪ 今度はリアルバージョンで作ってみますね。

☆*:.。. すてきな器 .。.:*☆

小さな器 ドリッププチディッシュ
やわらかなフォルムの素敵なシェイプ。
シンプルデザインが素敵です。
SARA-CERA 楽天市場店

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

やみつき「はちみつレモンキャベツ」

今日こそはお買いものに行こうと思っていたのに、結局行きそびれて冷蔵庫が空っぽです。かろうじて残っていたのはキャベツ。

キャベツさえあれば、とりあえず一品は作れます。今日は我が家では定番の「はちみつレモンキャベツ」にします。

はちみつレモンキャベツ



キャベツの上に「メイヤーレモンのはちみつ漬け」をのせました♪

「はちみつレモンキャベツ」の作り方
「はちみつレモンキャベツ」の材料
材料(3〜4人分)
  • キャベツ 1/4玉
  • はちみつ 大さじ1〜
  • レモン果汁
     大さじ1/2〜
  • 塩 小さじ1
キャベツを食べやすい大きさに切り、ラップで包んでレンジで3分くらい加熱する。

キャベツを食べやすい大きさに切る。
ラップで包んで電子レンジで3分くらい加熱する(ちょっとシャキシャキ感が残るくらいがいいです)。

粗熱をとって冷蔵庫で冷やしておく。
はちみつ・レモン果汁・塩を加えて混ぜ合わせる。

食べる直前に、はちみつ・レモン果汁・塩を加えて混ぜ合わせたら出来あがり♪


キャベツはもっと細くせん切りにしてもいいし、手でちぎるような感じでもいいです。もちろんはちみつやレモンの分量もお好みで♪

先にほかの材料と合わせてしまうと水分が出てきちゃうので、食べる直前に合わせるのがポイントです。

このシンプルさが結構おいしくて、はちみつと塩の甘じょっぱい味がやみつきになるんですよね。

いつもメインそっちのけで、アオムシさんのようにひたすら食べ続けてしまいます。そして食べ終わったあとには必ず「もっと作ればよかったぁ」と思うのでした(笑)


おうちガーデン♪ ミント、バジル、ワイルドストロベリー!


  

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

ほうれん草すうぷ。

先日作った「にんじんすうぷ。」がとてもおいしかったので、今回は調子に乗ってほうれん草バージョンを作ってみましたよ。

ほうれん草と玉ねぎを使った「ほうれん草すうぷ。」です♪

ほうれん草すうぷ。



調味料は食材に合わせて少し変えました。にんじんすうぷよりはサラサラした感じで、飲みやすくなってます。

「ほうれん草すうぷ。」の作り方
「ほうれん草すうぷ。」の材料
材料(3〜4人分)
  • ほうれん草 1把
  • 玉ねぎ 1/2個
  • バター 大さじ1
  • 水 1カップ程度
  • 顆粒コンソメ 小さじ2
  • ローリエ 1枚
  • 牛乳 2カップ〜
  • 塩・こしょう 適量
  • レモン果汁 小さじ2
  • 生クリーム(あれば)
     適量
玉ねぎは薄切りにする。鍋にバターを熱し、玉ねぎを炒める。水・顆粒コンソメ・ローリエを加えて、やわらかくなるまで煮る。

玉ねぎは薄切りにする。
鍋にバターを熱し玉ねぎを炒める。

水・顆粒コンソメ・ローリエを加えて、やわらかくなるまで煮る。
ほうれん草はゆでて、適当な長さに切っておく。ローリエを取り出した,醗貊錣縫潺サーにかけ、なめらかな状態にする。

ミキサーにかけたあとの写真がなくてスイマセン(汗)

ほうれん草はゆでて適当な長さに切っておく。

ローリエを取り出した,醗貊錣縫潺サーにかけ、なめらかな状態にする。
鍋に戻して、塩・こしょうで味を調え、必要であれば牛乳を加えてとろみを調節する。火を止めてレモン果汁を加えて、サッと混ぜたら出来あがり♪

鍋に戻して牛乳を加えてあたため、塩・こしょうで味を調える。

火を止めてレモン果汁を加えて、サッと混ぜたら出来あがり♪


意識して野菜を食べるようにしているものの、レパートリーの少なさからか、どうしても野菜=サラダになってしまうんですよね。

でも最近、かたちを変えてスープで野菜を食べるのもいいなぁと思いはじめました。あっ、これってグリーンスムージー的発想ですね。

にんじんスープもほうれん草スープも、これをベースにして、それに合う野菜などの食材を具にして入れるともっといいかも!

今度は、具だくさんの野菜スープを作ってみようと思います♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

「白菜の浅漬け」にレモン。

今日はレモンを使ったお漬け物「白菜の浅漬け」です。レモンの皮を使ってるんだけど、写真ではちょっと見えにくいのが残念。

昨日とくらべると何かものすごく地味なような気もしますが、普段の食卓とはこういうことなのでしょう。多分。

「白菜の浅漬け」にレモン。



しかも昨日仕込んだこの浅漬け、残った白菜を消費しようと思って作ったのに、今日は突然すき焼きが食べたくなって、おかげで白菜なしのすき焼きになっちゃいました(爆)

「白菜の浅漬け」の作り方
「白菜のお漬けもの」の材料
材料
  • 白菜 400g
  • 塩 15g
  • 砂糖 5g
  • 昆布 10cm
  • レモンの皮(細切り)
     適量
  • 鷹の爪(輪切り)適量
ポリ袋などに、食べやすい大きさに切った白菜と調味料を入れて、全体を軽くもむ。

白菜は食べやすい大きさに、昆布は細く切っておく。

ポリ袋などにすべての調味料を入れて、全体を軽くもむ。
ポリ袋ごと大きなボウルなどに入れ重しをする。

お皿などをふせて置き、その上に重いものをのせます。

ポリ袋ごと大きなボウルなどに入れ重しをする。

半日〜1日漬けたら出来あがり♪


浅漬けは火も使わないから簡単にできていいですね。ほかの野菜も入れたらよかったかな。

お漬け物系は、私の質素なお昼ご飯に食べることが多いけど、晩ごはんのおかずが少なくて「あともう一品!」ってときにも活躍してくれます。

先日、家族に白菜の浅漬けをタッパごと渡して「ごめ〜ん、好きなだけ取り分けて」って言ったんです。

そしたらメインがよっぽど頼りなかったのか、その倍量くらいの浅漬けを盛ってました!それじゃ、まるで浅漬けがメインみたいじゃん。

がっかり。ていうか反省??


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

ポテかるっサラダ★

先日食べたポテトチップス「ポテかるっ スパイシーレモン味」を使ってサラダを作ってみました。題して「ポテかるっサラダ★」!

ひと昔前、じゃがいもの千切りを揚げたものをサラダに山盛りのせた、パリパリサラダ的なものが流行りましたよね。

レストランでもよくメニューにあって、私大好きだったんです!

それを思わせるようなイメージで作ってみました。サラダと相性がいいのは間違いないですからね。

ポテかるっサラダ



レシピなんてほどのことではないけど、忙しい方のための超簡単レシピとして書いておきます。たまには手抜きしてもいいんですよっ!

「ポテかるっサラダ★」の作り方
サッポロ「ポテかるっ スパイシーレモン味」
材料(2人分)
  • 「ポテかるっ」などのポテトチップス
  • お好みのサラダ
  • お好みのドレッシング

ポテトチップスをざっくり砕いて、サラダの上にのせる。 ドレッシングをかけたら出来あがり♪


う〜ん。これをレシピと言ってしまうすごい勇気。

でもこれは確実においしいです。スパイシーレモン味のポテトチップスがまたいいアクセントになってくれて、よりおいしいサラダに変身しました。

じゃがいもを千切りにして油で揚げて・・・なんてことはしなくても、ポテトチップスならそれに限りなく近い味が簡単に再現できるからおすすめです。

ポテトチップスがのっていたら、お子さんもよろこんで野菜をたべてくれるかもしれませんね!

今回使ったドレッシングは玉ねぎドレッシング。何でもいいけど、イタリアン系のものが合うかな。


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

厚切りベーコンとほうれん草のサラダ

サラダほうれん草を使って、ちょっぴりカフェ風のサラダを作ってみました。「厚切りベーコンとほうれん草のサラダ」です。

厚切りベーコンとほうれん草のサラダ
「厚切りベーコンとほうれん草のサラダ」の作り方
「厚切りベーコンとほうれん草のサラダ」の材料
材料(2〜3人分)
  • ブロックベーコン 60g
  • サラダほうれん草 1束
  • ミニトマト 10個
  • クリームチーズ 30g
  • オリーブオイル
     大さじ2
  • マヨネーズ 大さじ1
  • レモン果汁 大さじ1/2
  • はちみつ 小さじ1
  • 粒マスタード 小さじ1
  • あらびき黒こしょう
     適量
材料を切る。

ベーコンは5〜7mm角の棒状に切る。
ほうれん草は食べやすい大きさに、トマトはへたを取って半分に切る。
クリームチーズは1cm角に切る。
ベーコンをじっくり焼く。

フライパンでベーコンをじっくり焼く。

余分な油はキッチンペーパーなどで拭き取る。
ドレッシングを作る。

写真が1枚足りないような・・・。

ボウルに残りすべての材料を入れて混ぜ合わせる。

味が決まったら、ベーコン・ほうれん草・トマト・クリームチーズを加えて、ざっくり混ぜ合わせて出来あがり♪


いつも作るサラダは、レタスやきゅうり、トマトなどを使った定番の野菜を使うことが多いけど、たまにはこういうサラダもいいですね♪

レモンも控えめにしてあるので、ベーコンの旨みやトマトの甘さ、チーズのコクもしっかり味わえて、かなりおいしかったです。

また作りたいレシピになりました。おもてなしにも喜ばれるかも!


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

やみつきコールスローサラダ

今日のコールスローサラダは私の超お気に入りのレシピです。

たくさん作っても、何回作っても、またすぐに食べたくなるから「やみつきコールスローサラダ」。本当においし〜いです♪

やみつきコールスローサラダ
「やみつきコールスローサラダ」の作り方
「やみつきコールスローサラダ」の材料
材料(2人分)
  • キャベツ 1/4個
  • にんじん 1/4本
  • マヨネーズ 大さじ3
  • レモン果汁 大さじ1/2
  • はちみつ 大さじ1/2
  • 牛乳 大さじ1/2
  • 塩 適量
キャベツとにんじんを千切りにする。

キャベツとにんじんを千切りにしてラップをし、電子レンジで1分ほど加熱する。
塩をふってしばらくおき、出てきた水分をしぼる。
ドレッシングの材料を混ぜ合わせる。

そのほかの材料をすべて混ぜ合わせて、,範造┐燭蕕任あがり♪


甘くしたいときははちみつを多めに加えたり、もっとさっぱり食べたいときはレモン果汁を多めにしたり、いろんな分量で楽しんでくださいね!

もちろん、キャベツやにんじんだけじゃなくて、コーンを入れたりハムを加えたり、アクセントに大葉をプラスしてもおいしいですよっ♪



果肉たっぷりレモンのサラダ

お料理に手軽にレモンを取り入れることができるものは、やっぱり野菜サラダかなと思って作ってみました。

レシピというほどのものではないけれど、これまでに食べたことのないサラダになりました。


果肉たっぷりレモンのサラダ
「果肉たっぷりレモンのサラダ」の作り方
レモンサラダの材料
材料
  • サラダ お好みで
  • レモン 1/2個〜
    (果肉だけを使用)
  • オリーブオイル
  • 香草塩(クレイジーソルトなどでOK)
果肉たっぷりレモンのサラダの出来あがり

サラダにレモンの果肉をのせ、オリーブオイルを回しかけ、香草塩などを適量ふりかける。食べるときに混ぜながら食べるといいですよ。

今回はメイヤーレモンを使いました。はじめから材料を全部混ぜ合わせてから味を決めてもいいと思います。

本当に簡単なので、これなら気軽にレモンを取り入れることができて美容にもいい感じ♪

いつもは市販のドレッシングを使っていたけど、たまにはこんな風にして食べると別の料理にさえ思えてしまうくらい・・・(おおげさかな)。家族にも好評でしたよ〜♪




このページのTOPへ

ページトップへ