レモンの秘密 - レモンと PICO が暮らす日々 -

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

Recipe BLOG


Rakuten motion widget

Archives

LINKS

BLOG FRIEND

Others

Mobile

qrcode

イタリアンな「タコときゅうりのガーリック炒め」

きゅうりをたくさんもらったので、サラダに使ったり浅漬けにしたりして、残った分で何かイケてる一品を作ることに。

きゅうりに合いそうなお肉とかお魚系を考えてたら、となりで「たこ焼き食べたい」ってつぶやく家族が…。

あっ、それだ!ってすぐにひらめきましたよ。「タコときゅうりのガーリック炒め」を作ります!はい、たこ焼きは作りません(笑)

タコときゅうりのガーリック炒め
イタリアンなのに和風っぽいイメージ???


タコの料理をするときはいつも蒸しタコを使ってます。蒸しタコはいつも売っているけど、生タコがあったらそれでもいいのかな。

そしてまた、きゅうりを型抜きしてしまいました。写真ではそんなにわからないかも。もちろん本来は型抜き不要です(笑)

「タコときゅうりのガーリック炒め」の作り方
「タコときゅうりのガーリック炒め」の材料

GABANの「イタリアンハーブミックス」を使いました。オレガノ・タイム・バジル・パセリが入ってます。
材料(2人分)
  • 蒸しタコ 100g
  • きゅうり 1〜2本
  • にんにく 1片
  • レモンの皮 適量
  • オリーブオイル 適量
  • ハーブミックス 適量
  • 粗びき塩・こしょう
     適量
たこはスライスする。きゅうりは輪切りにする。

型抜きした場合の写真です(笑)

たこはスライスする。

きゅうりは輪切りにする。

にんにくはスライスする。
フライパンにオリーブオイルとにんにくを熱し、にんにくが色づいたら取り出す。きゅうり→タコの順に炒めて、塩・こしょうで味をつける。最後にレモンの皮を加えてサッと混ぜたら出来上がり♪

フライパンにオリーブオイルとにんにくを熱し、ハーブミックスも加えてにんにくが色づいたら一旦取り出す。

きゅうり→タコの順に炒めて、塩・こしょうで味をつける。

最後にレモンの皮を加えてサッと混ぜ、にんにくを戻したら出来上がり♪


簡単なレシピだけどとてもおいしかったです♪きゅうりは炒めすぎないで、シャキシャキ感を残すようにするのがおすすめ。

家族にも好評で、一口食べただけで「これはビールが飲みたくなる味だ」って言ってたから、きっとおつまみにもいいのかな。

個人的には、もっとたくさん作るかほかの食材もいろいろ加えてメインディッシュ的なものにしてみるのもいいなぁって思いました♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

お箸がとまらな〜い!「たこじゃがボール」

この1週間を振り返ってみると、タコを食べるのは3回目。突然タコを使ったレシピをひらめいて、勢いで作ったのが1回目。

味はおいしかったけど食べにくかったから 改良してみたのが2回目。それでも納得がいかず、さらに改良を重ねた今日が3回目。

ようやくアップできるレシピが完成したのでご紹介いたします。

レシピ名は…「たこじゃがボール」です。ってどんなん!? わかりやすく言うと、タコをみじん切りにして丸めて揚げたものです(笑)

たこじゃがボール



このビジュアル・・・家族が何を思ったか「たこ焼き」と間違えました。いやいや、焼いてないし。じゃあ、揚げてるから「たこ揚げ」?

これも違う!結局、安直な「たこじゃがボール」に。まいっか(笑)
ちなみに本当は、じゃがいもはつなぎの役割でメインはタコです。

「たこじゃがボール」の作り方
「たこじゃがボール」の材料
材料(4人分)
  • 蒸しタコ 200g
  • じゃがいも 小2個
  • ★卵 1個
  • ★パン粉 1/2カップ
  • ★レモンの皮
    (すりおろし)小さじ1
  • ★塩 小さじ1/4〜
  • 小麦粉 適量
じゃがいもは適当な大きさに切ってゆで、マッシュする。たこは粗みじん切りにする。

じゃがいもは適当な大きさに切ってゆで、マッシュする。

たこはフープロなどで粗みじん切りにする。
たことじゃがいも、★の材料を混ぜ合わせる。

たことじゃがいも、★の材料を混ぜ合わせる。
適当な大きさに丸めて、小麦粉をまぶす。170度の油で色よく揚げたら出来上がり♪

適当な大きさに丸めて小麦粉をまぶす。

170度の油で色よく揚げたら出来上がり♪


塩味がついているから、そのままお口へポン!でOK。これが何とも言えないおいしさで、まさにやみつきになる系なんです♪

普段のおかずはもちろん、おつまみやお弁当、ちょっとした夜食にもぴったり!一度食べたらもう止らないはずですよ。

何と言っても、我が家はこれを週3で食べてるぐらいですから(笑)


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

冷やしてどうぞ♪「スペイン風ホタテサラダ」

今日は私の大好きなホタテ(頂き物の稚貝♪)を使ったレシピです。

過去に、スペイン料理の酢だこをアレンジして「スペイン風タコサラダ」とやらを作りました。その段階で本家とは違ってます。

なのに、そのタコをホタテに変えたことで、もはや酢だこではなくなり「スペイン風」だけを残したホタテサラダになりました♪

スペイン風ホタテサラダ



玉ねぎやピーマン、レモン、そしてワインビネガーなどのお酢系を使っていれば、その酢だこにかなり近づいていると思われます。

今回はバルサミコ酢を使っていますが、材料はホタテ以外かなり似ているかと・・・。違ってたら、どなたかご指摘くださいませ。

「スペイン風ホタテサラダ」の作り方
「スペイン風ホタテサラダ」の材料

今回ホタテは稚貝を使いましたが、普通のホタテでOKです。
材料(4人分)
  • ホタテ貝柱(刺身用)
     150g
  • ピーマン 2個
  • カラーピーマン 3個
  • 玉ねぎ 1/4個
  • レモン 1/2個
  • にんにく 1片
  • オリーブオイル 大2
  • バルサミコ酢 大1
  • 粗びき塩・こしょう
     適量
ホタテは大きければ適当な大きさに、ピーマンと玉ねぎは1cm角くらいに切る。レモンの果肉とにんにくはみじん切りにする。

ホタテは大きければ適当な大きさに、ピーマンと玉ねぎは1cm角くらいに切る。

レモンの果肉とにんにくはみじん切りにする。
,縫リーブオイル・バルサミコ酢を加えて混ぜ合わせ、塩・こしょうで味をととのえたら出来あがり♪

,縫リーブオイル・バルサミコ酢を加えて混ぜ合わせ、塩・こしょうで味をととのえたら出来あがり♪


作り立てよりは、冷蔵庫でひと晩冷やしておいた方がおいしく食べられると思います。ホタテの様子が少々変わってしまいますが・・・。

この色とりどりの食材にこの爽やかな味は、暑い季節にぴったり!

いつも食べる食材でも調理方法が変わると、全く別のものに感じてしまいます。たまには違った調味料を使うのもいいですね。

さっぱりしたものが恋しくなったら、ぜひ作ってみてくださいね♪
料理名などはお気になさらずに(笑)


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

小さなごちそう♪「ホタテとトマトのサワークリーム和え」

今日もお買いものに行かず、冷蔵庫を見てもやっぱり何もない。

昨日は冷蔵庫ではないところでさつまいもを発見したけど、さて今日は?・・・おぉ〜、冷凍庫からホタテの稚貝を発見!

とは言いつつ、忘れてたわけじゃなくて、大事にとっておいた友だちからの頂きもの♪ ホタテと言えば私の大好物なのです。

なけなし?のミニトマト8個と一緒に、小さなごちそう第4弾!「ホタテとトマトのサワークリーム和え」を作りました♪

ホタテとトマトのサワークリーム和え



ホタテの稚貝を生で食べるために、50個もの貝柱を取り出す私(笑)

そして困ったときのレモンの器。レシピで使うレモン果汁も器を作るときにくり抜いた中身を絞って使います。もちろんあまりますけど。

「ホタテとトマトのサワークリーム和え」の作り方
「ホタテとトマトのサワークリーム和え」の材料
材料(2人分)
  • ホタテの貝柱 60g
  • ミニトマト 8個
  • 大葉 2枚
  • レモン 1個
  • ★サワークリーム
      大さじ1
  • ★マヨネーズ 大さじ1
  • ★レモン果汁 小さじ1
    (上記のレモンから)
  • 粗びき塩・こしょう
      適量
ホタテは大きければ小さめにカットする。ミニトマトは1/4に、大葉は細切りにする。

ホタテは大きければ小さめにカットする。

ミニトマトは1/4に、大葉は細切りにする。

レモンは縦半分に切って中をくり抜く。
ホタテとトマトをボウルに入れ、合わせた★の材料を加えて和える。

ホタテとトマトをボウルに入れ、合わせた★の材料を加えて和える。
レモンの器に盛って、大葉をのせて粗びき塩・こしょうを振ったら出来あがり♪

レモンの器に盛って、大葉をのせて粗びき塩・こしょうを振ったら出来あがり♪


サワークリームとマヨネーズの割合はお好みで。サワークリームが好きなら10:0!マヨネーズしかないときは0:10でもいいです。

今日は涼しかったのと大好物だったのとで、パクパク食べれました。白いごはんも食べれたし、おいしいホタテのおかげです♪

サワークリームはおそらく余る分量なので、下のレタスにつけて食べました。・・・って、レタスもあるじゃん!

なんだかんだ言っても食べるものはあるってことです。ただメインになれそうなものがないだけで。ホタテちゃん、ごちそうさまでした♪




JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

ぷりっぷり食感!「えび餃子」

今日は頑張りましたよ!何度リクエストされても断っていた餃子を、ついに作ることにしたんです。だってちょっと手間がかかるでしょ。

でも、いつもながら普通の餃子は作りません。レモンに合いそうな食材を考えてたどり着いたのはえび。「えび餃子」です♪

あとは定番のニラやキャベツも加えて、タレがなくても食べられるように、はじめから味をつけておきました。

えび餃子



いつも肝心な部分の写真を撮らないので、今日こそは!と思って切り口を見せようとしたのに、ただ皮が破れちゃった感じに・・・。

しかもえびはどこ?状態!微妙なショットでごめんなさい(笑)

「えび餃子」の作り方
「えび餃子」の材料
材料(約30個分)
  • 餃子の皮 30枚
  • えび 200g
    (下処理済み)
  • ニラ 1/2束
  • キャベツ 2枚程度
  • レモンの皮 1/4個分
  • 塩・こしょう 適量
  • ごま油 適量
えびはざく切り、ニラ、キャベツ、レモンの皮はみじん切りにする。

えびはざく切り、ニラ、キャベツ、レモンの皮はみじん切りにする。

すべてを混ぜ合わせて、塩・こしょうで味つけする。
適量を取って餃子の皮で包む。

適量を取って餃子の皮で包む。
フライパンにごま油を熱し、やや強火で餃子を焼く。焼き色がついたら水1/2カップを入れ、フタをして蒸し焼きにする。水分がなくなったら、フタを外して水気を飛ばすように焼く。

フライパンにごま油を熱し、やや強火で餃子を焼く。

焼き色がついたら水1/2カップを入れ、フタをして蒸し焼きにする。

水分がなくなってきたらフタを外し、水気を飛ばすように焼いたら出来あがり♪


えびだけは食感を残したいので、あまり細かくしない方がおすすめ。

えびとレモンでさっぱりした餃子ができました♪ これなら蒸してもいいし、ワンタンの皮に包んでスープにしてもよさそうです。

何よりも、普通の餃子をリクエストした家族に大好評だったのがうれしい!自分でも想像以上においしくできたので大満足です。

ちょっと手間はかかるけど、お休みの日など時間のあるときに量産して、冷凍庫でストックしておくといざというときにも助かりますね。




JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

小さなごちそう♪「ベビーホタテのカルパッチョ」

友だちから、私の大好きなホタテの稚貝をたくさんもらいました♪
いわゆるベビーホタテと呼ばれるものだと思います。

稚貝は酒蒸しにしたりみそ汁に入れたり、加熱して使うことが多いみたいだけど、個人的にはどうしても生で食べたい!

とりあえず20個ほど、小さな貝から小さな貝柱を取り出してみました。稚貝自体が4〜5cmほどなので、その貝柱は1cmくらいかな。

20個でも片手に余裕でのるくらいの量。これで、私の小さなごちそう「ベビーホタテのカルパッチョ」を作りました♪

ベビーホタテのカルパッチョ
アップで撮ったら小さいのがわかりにくかったかな。

小さな貝殻を器にして3つ並べたらすっごく可愛い♪ それなのに「だんご3兄弟みたい」って言う人がひとり。全然違いますけど!

今回は全体的に少量なのですが、これをもとに量を3倍4倍にして作ってみてくださいね。ホタテ以外でも使えるレシピです。

「ベビーホタテのカルパッチョ」の作り方
トマト・パプリカ・ピーマンのみじん切り

すべて適量です!
材料
  • ホタテの稚貝 20個
    (貝柱だけ)
  • パプリカのみじん切り
  • ピーマンのみじん切り
  • トマトのみじん切り
材料を混ぜ合わせておきます。

混ぜ合わせておく。
材料
  • オリーブオイル
     大さじ1
  • レモン果汁 小さじ1
  • 塩・こしょう 少々

ホタテの貝に,鬚里擦董↓△鬚けたら出来あがり♪


小さな小さなごちそうだけど、ホタテを満喫♪ 大きくても小さくても大好きなんですよね。友だちから幸せをもらいました。ありがとう♪

あとになって、生で食べてもよかったのかなぁって思ったけど、もう食べちゃったし、その後も何ともないから大丈夫だったみたい。

何しろ私の住んでいるところでは、ホタテの稚貝はまず見かけないので扱い方もよくわかってなくて。

まだたくさんあるから、今度は加熱する料理を作ることにします。
それにしてもおいしかったぁ。ありがとう、ごちそうさまでした♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

焼き塩レモンで「ハッピーエビフライ♪」

久し振りに家族からリクエストされたのはえびフライ。うん、簡単でいいね。そう言えば「焼き塩レモン」という調味料もGETしたし。

そして私のとっておきのアイテム、頂きもののぶぶあられも使って「ハッピーエビフライ♪」を作りました♪ 何かおめでたい感じ?

ハッピーエビフライ♪



以前、はじめてぶぶあられで「まぁるいチキンナゲット」を作ったときに、お正月にえびフライの衣によく使われてることを知った私。

やっぱりおめでたい日だからですかね。さすがにお正月を待っているわけにもいかないので、今回 初夏に作らせていただきました(笑)

「ハッピーエビフライ♪」の作り方
「ハッピーエビフライ♪」の材料
材料(2人分)
  • エビ 10尾
  • 焼き塩レモン 適量
  • ★小麦粉 大さじ2
  • ★卵 1個
  • ★レモン果汁 小さじ2
  • ぶぶあられ 適量
エビの下処理をする。

エビは殻をむいて背ワタを取り、内側に斜めの切れ目を5〜6本入れる。

しっぽの三角にとがったところを切り取り、残ったしっぽの部分の水分も拭いておく。

焼き塩レモン、なければ塩・こしょうなどで下味をつけておく。
エビに衣をつけて、180度の油で揚げる。

★の材料を混ぜ合わせて衣を作る。

衣をつけてぶぶあられをまぶし、180度の油で揚げたら出来あがり♪


衣をつける前にしっかり味をつけてもいいし、出来あがったエビフライに焼き塩レモンや、抹茶塩などお好みのものをつけてくださいね。

今回はちゃんとした?エビを買ったので、下処理からの作業です。
リビングでドラマをを見ながらやったらあっという間でした。

衣は小麦粉と卵を先に混ぜてからつけるから、少しだけ手間が省けます。まぁ、どうしても手はべたべたになりますけどね。

揚げたてのエビフライちゃんは、あられがサックサクであとからプリップリですっごくおいしかったです!

久し振りに食べたし、色とりどりのぶぶあられをまとってちょっぴり特別感があるから、ほんとにハッピーな気分になりました♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

おいしいさ太鼓判!「たらこチーズのおもちピザ」

恥ずかしながらお正月のおもちがまだ余っていまして、今日はおもちのレシピを考えてみました。今日だけでは消費できませんけどね。

ふと頭をよぎったのは、お好み焼き屋さんで食べる「明太もちチーズ」のお好み焼き。そのお店に行くとそれしか食べないぐらい好き♪

そこで今回は、お好み焼きの生地を省略して「たらこチーズのおもちピザ」を作ってみました♪ 間違いなくおいしいやつです!

おいしいさ太鼓判!「たらこチーズのおもちピザ」



この組み合わせは鉄板中の鉄板だけど、電子レンジで作る場合におもちが膨れるのが難点。のせた食材が一緒にぷわ〜っとこぼれます。

何度か試してみて、自分なりにうまくいった方法を書きますね。

「たらこチーズのおもちピザ」の作り方
「たらこチーズのおもちピザ」の材料
材料(2個分)
  • おもち 2個
    (水で濡らしておく)
  • たらこ 1腹
    (中身だけ取り出す)
  • ブロッコリー 適量
    (ゆでておく)
  • 溶けるチーズ 適量
  • レモンの皮 適量
    (みじん切り)
たらこ半量とみじん切りにしたブロッコリーの茎、マヨネーズを混ぜ合わせる。おもちだけをレンジで加熱する。その上にたらこマヨとチーズをのせて、チーズが溶けるまで加熱する。仕上げに残りのたらことブロッコリーの蕾、レモンの皮をのせる。

たらこ半量とみじん切りにしたブロッコリーの茎の部分、マヨネーズを混ぜ合わせる。

おもちだけを600wのレンジで加熱する(四角いおもちの場合はここで成形する)。

その上にたらこマヨとチーズをのせて、今度は200wでチーズが溶けるまで加熱する。

仕上げに残りのたらことブロッコリーの蕾、レモンの皮をのせたら出来あがり♪


二度目の加熱を200wにすると、ほとんど膨らまずにきれいな仕上がりになります。たらこも飛び散らないです(笑)

味の方は説明するまでもなくめっちゃおいしいです!お好み焼きにおもちだと、炭水化物だらけなので、むしろこっちの方がヘルシー?

ちょっと小腹が空いたときやおつまみにも合うかな。もっと大きなお皿におもちをたくさん並べて、本当のピザみたいにしてもよさそう。

今日のところはこの方法で落ち着いたけど、ほかにももっといい方法があったらまた作ってみます。おもちはまだたくさんあるので(笑)


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

チーズが決め手!「ホタテのチーズドレッシングサラダ」

知っている人は知っている、ホタテは私の大好物♪ 今日もお財布と相談して、中粒8個入りのホタテをGETしてきました(笑)

これまでにも数々のホタテを使った料理を作ってきたけど、今日は新メニュー!「ホタテのチーズドレッシングサラダ」です♪

ホタテのチーズドレッシングサラダ



ただでさえおいしいホタテを、これまたおいしいチーズドレッシングで食べちゃいます♪ ホタテやチーズが好きなら絶対おすすめですよ。

「ホタテのチーズドレッシングサラダ」の作り方
「ホタテのチーズドレッシングサラダ」の材料

野菜はお好みでセレクトしてくださいね。
材料(2〜4人分)
  • 生食用ホタテ 8個
  • 葉物の野菜
  • 赤玉ねぎ
  • ブロッコリースプラウト
  • わかめ
  • レモンスライス 2枚
  • ★オリーブオイル
      大さじ2〜
  • ★粉チーズ 大さじ2
  • ★レモン果汁 大さじ1/2
  • ★砂糖 小さじ1/2
  • ★塩 少々
★の材料をすべて混ぜ合わせて、チーズドレッシングを作る。

★の材料をすべて混ぜ合わせて、チーズドレッシングを作る。

塩の加減はおまかせします。
ホタテは横2枚にスライスする。玉ねぎは薄く切って水にしばらくさらし、水気をきる。

ホタテは横2枚にスライスする。

玉ねぎは薄く切って水にしばらくさらし、水気をきる。

ボウルなどに野菜を入れて混ぜ、それぞれの器に盛る。

ホタテとレモンを上にのせて、チーズドレッシングをかけたら出来あがり♪


ホタテがおいしいのはもちろん、自家製のチーズドレッシングもいい感じにできました♪ ホタテとレモンとチーズは相性がいいみたい。

ここ最近は、市販のドレッシングを買うこともなくなりましたよ。

サラダとして野菜をたくさん食べたかったから、ホタテは8個でも十分でした。もちろんいろんなサラダにも合うと思います♪


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

海老とズッキーニのガーリック炒め

あるキッチン雑貨を買ってから、必要のないところでもそれを使ってしまいたくなる今日この頃。本日のターゲットはズッキーニ!

ズッキーニに小細工?をして「海老とズッキーニのガーリック炒め」を作りました♪ 下処理・ボイル済みの冷凍エビを使ってます。

海老とズッキーニのガーリック炒め



そのキッチン雑貨とは「デコラ」。以前ラブリーパステルクッキーを作ったときにも大活躍してくれたもので、すっかりお気に入りです。

これを使ってちょっとだけ可愛いズッキーニにしてみました。
一瞬「何コレ?」って思わせたい、ちょっとした遊び心です(笑)

「海老とズッキーニのガーリック炒め」の作り方
「海老とズッキーニのガーリック炒め」の材料
材料(2人分)
  • エビ 12尾
  • ズッキーニ 1本
  • にんにく 1片
  • オリーブオイル
     大さじ1〜
  • レモンの皮
    (みじん切り)適量
  • バジル 適量
  • 塩・こしょう 適量
エビは下処理をする。ズッキーニは厚さ1cm程度の輪切りにする。にんにくは粗みじん切りにする。

エビは下処理をする。
ズッキーニは厚さ1cm程度の輪切りにする。
にんにくは粗みじん切りにする。
フライパンにオリーブオイルとにんにくを熱し、ズッキーニを炒める。

フライパンにオリーブオイルとにんにくを熱し、ズッキーニを炒める。
エビ・レモンの皮・バジルを加えて炒め、塩・こしょうで味をととのえる。

エビ・レモンの皮・バジルを加えて炒め、塩・こしょうで味をととのえる。


すごく簡単なレシピで、手を加えたのはズッキーニの型抜きくらい。コレがやりたかっただけなんだけど、楽しくおいしくできましたよ♪

実際に型抜きしているところの写真があればよかったですね。夢中になってて撮るのをすっかり忘れてました。

しばらくこのデコラの使用頻度が高くなると思うので、またの機会に型抜き写真を撮りますね。…デコラの話で終わってしまった(笑)


JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ



このページのTOPへ

ページトップへ